日本語よりも英語が便利

僕は、中国の上海という街を中心にして仕事をしています。
仕事で関わる相手は、上海だけでなく、横浜・香港・台北に散らばっているため、日常的に、日本語・英語・中国語を使い分けています。地域間で様々な政治的課題を有しているため、どの言葉を使って会話をするのかには、結構気を遣います。

ただ、チャットを使うときは、すべて英語に統一しています。

理由は、英語が一番速くてコミュニケーションができるからです。

日本語も中国語も漢字変換という工程が必要です。これは、かなりの時間を要します。
しかも、変換間違いによって、意味が変わってくることさえあります。

そもそも入力に使うキーボードは、アルファベットを駆使する人達が作り出したものですので、アルファベット入力に最適化されていますし。
※スマートフォンからフリック入力する場合は、日本語のほうが早い時もあります。

英語だと敬語などもないので、入力に際して気を遣う必要もありません。
必要な情報を、ただ打ち込めばよいのです。打ち込み終わったら、変換することなく、Enterを打てば送信完了。

英語って便利。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

m akifumi

2回目の上海駐在です。上海・香港・台湾に関するビジネスや食べ物、経営管理や業務効率化に役立ちそうなことを書きためています。大阪市出身。引っ越しが多いです:大阪市→神戸市→ボストン市→西宮市→バンクーバー市→横浜市→川崎市→白河市→大阪市→上海市→池田市→上海市(現在)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。