大人の道徳

なんと表現したらいいか難しいこの本。

あえて表現するなら、「大人の道徳」というふうに表現したい。

この本のあらすじは書くのは避けようと思う。なぜなら、繊細かつ緻密かつ曖昧な本なので、何も事前の知識を持ち込んでほしくないと思うからである。

モヤモヤという感情が残り、複雑な気持ちになる本。

なにがいいのか、私の語彙では鮮明に表現をしきれない。しかし、自分の芯の部分にずしりと問いかけるこの本。結末まで読んだ時、もう一度読み返しても多くの発見があるだろう。おもしろい本であったし、多くの人に読んでみてほしい。しかし、なんと進めればいいか、どんな人に読んでほしいかは明言できない。

なんとも難しい味わいの本であるが、読んで後悔は必ずしないし、途中も飽きずに読めることは保証したい。

【文責:花】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

SHARE BOOK

自分たちのために本(映画や演劇などもあり)から学んだことを言語化して発信します📚
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。