森ノ宮シェリー

小説執筆家/ソーシャルメディア編集者兼実業家/フリーランスとして活動。別名シェリーパイ。バーとカクテルが好き。トップブロガーが生業の出版希望の若手執筆家。第123回文學界新人賞応募。blog: ameblo.jp/sherrypie

short lovers(5)

翌週大学では学科内で噂が立ち上っていた。 「咲元と加藤、付き合ってるらしいな」 「加藤から告ったらしいぞ」 「咲元もすぐにOKしたらしいな」 「学科内ナイスカップル誕...

プロブロガーの理(13)

「例えばさ、城井さんがその仕事に没頭してるんだったらいいわけ。ああ、この仕事価値あるんだなとわかる。没頭。これ結構大事な言葉。そして、今持っている熱量。これが見...

プロブロガーの理(12)

ファミレスに集合した僕たちは、朝食を注文した。 「あ、あと和風サラダとチョコレートケーキもお願い」 「かしこまりました」 新上夏生は食いしん坊だと感じられた。朝か...

自由に働くことについて僕が思うこと

僕は大学生活を経て、会社員サラリーマンになることをやめた。 それはオフィスにいる乗ってるだけで丸儲けなサラリーマンになることを拒んだということだ。 僕は自分の力...

新歓コンパで先輩に言われた言葉

大学2年の新歓コンパで先輩に言われた言葉がある。 「シェリーはMに見えるどSだからな!」 後輩新人たちの前での飲み会で、僕はそのように言われた。 Mに見えるどSとは自...

フラグメント(10)

BOX 2 ブームは来た域 僕は箭内先生の元に呼ばれたために職員室へ向かった。先生は奥の席で僕を待っていた。 「まあ、掛けなよ」 「はい」 「jubeatだけどね」 「はい。...