SEKAI NO OWARI「Dragon Night」/本気で強い曲を作ればそれは長く愛される

SEKAI NO OWARIのDragon Night。6月16日にその「英語版」が公開された。これを聴いて、いま僕はちょっと鳥肌が立つくらいの驚きと感動を覚えてるんだけど、これ、うまく伝わるかな。


そもそも。この「Dragon Night」という曲が最初に披露されたのは、2014年8月に公開されたドキュメンタリー映画『TOKYO FANTASY』のエンディングでのこと。曲の構想自体は、2013年10月の「炎と森のカーニバル」の頃からあったという。

テレビでの初披露は9月の「Mステ」で、シングルのリリースは10月のこと。TV誌のインタビューで彼らに話を訊いたんだけれど、その時にすでに彼らは海外進出の話をしていた。そもそも海外でリリースするために作った曲だったという。

「今、僕らは来年に海外でリリースするための曲を沢山作っていて。その中で一番今までの僕らに近い曲ですね」

と言っていた。楽曲のプロデュースはEDMプロデューサーの第一人者ニッキー・ロメロが手掛け、レコーディングもアメリカで行われた。アウル・シティーやブリトニー・スピアーズの楽曲制作にも携わったプロデューサーのEmily Wrightをボーカル・プロデューサーに迎えて、英語の発音も歌のパフォーマンスも向こうのネイティブに違和感を与えないレベルまで鍛えて歌録りをしたそうな。そのへんの経緯は彼らがラジオで語っていたりもする。

http://www.tfm.co.jp/lock/sekaowa/smartphone/index.php?itemid=3044&catid=25

「英語で海外でリリースするものなので、僕らは英語がネイティブではないから、やはり発音も気になるし、どういったニュアンスでこの言葉を発したらいいのかとか、発音含めて僕らじゃそのへんのジャッジができないわけですよ」(Fukase)
「やっぱりそこはネイティブの人じゃないと分からないし、感覚的な部分でもあるからね」(DJ LOVE)
「ネイティブでも分からない微妙なニュアンスまで指摘してくれてたのかもね」(nakajin)

つまりこの曲は英語詞がもともとあったもので、しかもそれを「本気」で作っていたものだった。それを日本語詞で2014年に(先行)リリースしたものだったというわけなのだろう。これまでのシングル曲のMVを全てリリースタイミングでYouTubeで公開しているセカオワが、この曲に限ってはずっと公開していなかったのは、そのせいなんだろうな。

で、2014年にすでにリリースされていたこの曲が、2015年に入って「ドラゲナイ現象」化する。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/18/news153.html

1月のアルバム『Tree』のリリースと、そのタイミングでのテレビ露出をきっかけに、モッズコートとトランシーバーというfukaseのファッションがアイコン化する。そして誰かの「空耳」がバズワード化する。

fukaseもそれに乗っかって「ドラゲナイ」は「公認」へ。歌番組で歌う際、あえて「ドラゲナイ」と発音している、という指摘もあった。

http://shiomilp.hateblo.jp/entry/2015/02/21/013012

https://vine.co/v/OPi2Z6POIvB

そういうもろもろがあったのが、今年の1月〜3月くらい。

で、6月にいよいよYouTube公開ですよ。たった一曲で、すでに10ヶ月も話題を引っ張り続けている。こんな耐久力の高いポップソング、なかなかない。しかもCMなどの大きなタイアップがついてたというわけでもないのに。

YouTubeの説明欄も、完全に海外仕様。

SEKAI NO OWARI Profile
SEKAI NO OWARI is one of the most popular and skilled creative group in Japan right now.
In English, SEKAI NO OWARI means “end of the world”.
The group is made of four members: sound producer, lead guitarist, and band leader Nakajin; lead vocals and concept maker Fukase; stage producer and pianist Saori; and DJ LOVE, the clown masked DJ in charge of sound choice and comedic talk.
They started at a live music venue called club EARTH, which they created from the ground up and managed on their own. They all lived there together creating music and discussing the future of the group. They even tore down the old walls to put up soundproof walls all around the venue.
And now, their passion and deep connection to each other has led to their status as one of the premier music acts in Japan.
In January, 2015, they released their newest album Tree, which charted in at #1 on the hit charts.
And in July, they will perform at Nissan Stadium, Japan’s largest venue. Nissan Stadium is equivalent to London’s Olympic Stadium and can hold 70,000 to 80,000 people.
Their originality and unique ideas are portrayed through “TOKYO FANTASY”, a concept that is full of large scale fantasy, making attending the band’s live performances feel like a theme park, transporting fans to a completely different reality. This concept has been lauded all around the Japanese music industry.
In 2014, they held a major live music event which featured the popular American act OWLCITY as a special guest. At the same time, SEKAI NO OWARI was featured in OWLCITY’s worldwide release “TOKYO” ( https://www.youtube.com/watch?v=Of9Py... ).
Also, they worked with the Dutch DJ / Producer Nicky Romero on the release of their single “Dragon Night”.
You can also see their success on YouTube, as their big 2013 hit “RPG”(in Japanese), has reached more than 71 million views on the social video site. ( https://www.youtube.com/watch?v=Mi9uN... )
Until now, they have performed all over Japan, including an arena tour that featured 15 performances in 9 cities and brought in more than 200,000 fans, as well as selling out the famous Budokan (known as the venue where The Beatles played in Japan). With multiple commercial tie-ups and features on TV and in movies, they have grown into one of Japan’s top acts.
And now, after years of preparation, SEKAI NO OWARI is ready to take their originality to music fans all around the world.
Their talent has put them at the top of the new generation of artists while they continue to evolve at an incredible speed.
Official HP:http://sekainoowari.jp/en
For press-kits and details about the group, contact:
world_press@sekainoowari.jp
For overseas booking inquiries, contact:
world_contact@sekainoowari.jp
©TOKYO FANTASY Inc.

iTUNESだけじゃなく、Spotifyでもすでにこの曲は公開されている。
ツイッターやInstagram、Facebookだけじゃなく、中華圏でデファクトスタンダードになってるWeiboのアカウントまで用意している。

間違いなく彼らの海外進出は本気だし、そのために一年以上しっかりと準備をしてきたわけで。その最初の狼煙が「Dragon Night」のYouTube公開なのだと思う。

ほんとすごいわ。(58/100)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

柴 那典

2015年の「おすすめ100曲」リスト

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。