しばた / Fenrir Inc.

フェンリル株式会社のデザイン部所属のプランナー。主にアプリやWebサービスの企画などを担当。 柴犬が好きだが飼ってないし描くこともできない。趣味は自転車、旅行、漫画、睡眠。 論理的な考え方が好きだが、単純に自分の直感が頼りなさすぎるだけのような気もしている。

ノンコンセプチュアルワーディングによるディスコミュニケーション- 日本語でしゃべれ

企画担当の柴田です。

僕は前職で広告代理店に勤め、現在はアプリ開発会社で働いています。今回は両方の業界に共通したある問題について話したいと思います。そう、意味不明なカタカナ言葉が多すぎる問題です。

それっぽさのためにカタカナを使っていないか?

僕はカタカナ語が好きではありません。理由は単純で、そもそもカタカナにしない方が伝わりやすい言葉が多いからです。なのに使われるのは、カタカナ語の方が「そ

もっとみる

ゆるふわ構造化ヒアリング 実践編

>>ゆるふわ構造化ヒアリング 基本編はこちら

プランナーの柴田です。

前回の基本編では、ヒアリングもちゃんと全体像や理由を考えてやらないとダメだよ、という観念的な話をしました。今回は実際にどのように考えてヒアリングしていければいいのかをご紹介したいと思います。今回の方法のポイントは2つです

 ・話を聞きながらメモ書き/ 脳内処理レベルで整理できる
 ・全体像を意識しながら要素に対する根拠や目

もっとみる

ゆるふわ構造化ヒアリング 基本編

>>ゆるふわ構造化ヒアリング 実践編はこちら

プランナーの柴田です。

企画や提案を考える時に「クライアントから〜の部分を聞いておけばよかった」と後悔したことはありませんか?私はめちゃくちゃあります。

企画の段階においてはクライアントサイドの要望が決まりきっていないことがほとんどです。そのため、リスト形式のようなヒアリングでは検討時に情報が不足してしまいがちなのです。ヒアリングが不足していると

もっとみる

大阪駅の案内標識が地元民向けになっている問題

フェンリルのプランナーの柴田です。

日本には、常に変化と増殖を続ける自動生成ダンジョン渋谷駅や、ミノタウルスでも封印されてそうな巨大ラビリンス新宿駅など、数多くの迷宮駅があります。梅田駅(大阪駅)も迷宮ランキング上位駅の一つですが、梅田駅の迷いやすさは構造よりも案内標識のせいではないかというのが今回のお話です。

梅田エリアは複雑怪奇

僕は5年ほど大阪に住んでいたことがありますが、住み始めた頃

もっとみる

議論のための別案とは - 賽の河原の脱出方法

(読了時間10分程度)

この浮き世には無意味な別案が氾濫している。

我々が目にするクリエイティブたちは、ブラッシュアップ主義によって駆逐された数々のアイディアの屍が織りなす山の頂に孤独に生き残った存在であることは、諸兄らもご存知の通りだ。その屍たちはかつて「別案」「複数案」と呼ばれ、人格と設定を与えられ本案との殺し合いを強要され、負け、死んでいった。賽の河原の石積みのごとく、我々は無意味な別案

もっとみる

デザインを言葉で説明するの難しい問題 - 分解、検証、翻訳

フェンリルのプランナーの柴田です。

デザイナーではない人にとって、デザインの良し悪しを判断するのは難しいものですよね。「なんとなく良い」「ピンとこない」まではわかるのですが、「なぜ良いのか」「なぜピンとこないのか」を言葉にするのは、それなりの経験と知識が必要となります。
しかし、そこをきちんと言葉にできないとデザイナーへのフィードバックは難しく、適当な指示で無駄な作業をお願いすることになります。

もっとみる