北条政子には母性を感じたい

「北条政子」と聞いて、どんなイメージがあるだろうか。

夫を亡くした後も、毅然と立ち上がる「尼将軍」?

子に先立たれても、鎌倉を守った悲劇の聖母?

それとも子を犠牲にしても目的を遂行した冷たい女王?

……私のイメージは全く違う。どれも片手落ちな気がしてならない。

なんというか北条政子は、
「恋愛と仕事は、フルスイングして満塁逆転サヨナラホームランを打ったけど、我が子にも同じように愛情フルスイングして空回り三振スリーアウトで試合終了」
な人に思えるのだ。

北条政子はもっと生々しい母性を感じたいのだ。それも闇属性の母性を……。

ぶっちゃけ北条政子って……だよね?

歴史上人物に対して失礼を承知でぶっちゃけて言うと、北条政子という人は

この続きをみるには

この続き:843文字

北条政子には母性を感じたい

樽瀬川

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったぜ

樽瀬川

ライターをやっています。 観光・歴史・文化系の記事が得意です。

歴史与太話

蓋然性のない与太話集
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。