見出し画像

ファザーリング・ジャパン九州(FJQ)メンバー紹介FILE.8 FJQメンバー「福島優一」

どーも!「ファザーリング・ジャパン九州(FJQ)」(※以下FJQ)で理事をやっています、高橋です。


ファザーリング・ジャパン九州

ファザーリング・ジャパン九州とは・・「父親であることを楽しもう!」を合言葉に、九州で活動しているいわゆるパパ会、それの大きい版です。


私高橋は、このパパの団体「FJQ」で現在理事をさせて頂いております。

今回この「ファザーリング・ジャパン九州(FJQ)メンバー紹介FILE.8」では、FJQメンバーの「福島優一」パパへ、私高橋がインタビューさせてもらいました。


またこちら、現在マガジン化しており、2019年9月現在FJQメンバー53名全員をインタビューさせて頂こうと考えております。全員になるので長期間とはなりますが、多く方にFJQのメンバーをご紹介できるよう頑張っていきますので、ぜひ全員のインタビューをお楽しみにして頂けると嬉しく思います。


(1)プロフィール

画像11

名前:福島 優一(ふくしま まさかず) 
住まい:福岡市中央区
家族構成:妻、娘2人(8歳・3歳)の4人家族
仕事:社交ダンスインストラクター
趣味:マラソン、考えること
好きな食べ物:特になし
好きな飲み物:特になし


(2)FJQに入ったきっかけはなんですか?

FJQの元代表だった、小津さんとの出会いがFJQに入った切っ掛けです。
小津さんとは中小企業同友会で出会ったのですが、この人のやっている活動だったらご一緒できると素敵なことが起こりそうだなと思いました。

FJQ入って感じたのは、FJQメンバーは私と波動が近いと思いましたね。


(3)FJQで何をしていて、今後何をしたいですか?

今携わっている父と子のお料理教室の様な「学ぶ・楽しむ・課題を見つける」が自然にできるイベントを作りたいです。

具体的な案を言うと例えば「保険バトル」とか!
保険商品に関して、各自にシチュエーションを作ってやってみるんですよね。それを、ショーのようにしてみるとか面白そうですね!

保険という人生に関わるリアルなことを行うことにより、早いうちから人生の課題を見つけられたり、意識付けも出来るかなと思います。
こういうのを、まだ妄想レベルですがやってみたいなと思うことですね。

こちらのテーマの作り方で、見えなくなっている根っこの部分である潜在的な課題が顕在化してきて、それに対しての課題提案が出来たりすると喜ばれそうですね。
そういうのをドンドンやって、行く行くはまとめていくと面白そうだと思っています。


(4)他にもしたいことあるそうですね?

FJQに限らず、社会課題と向き合い、問題提起し、解決していく活動がしたいですね。
本業の社交ダンスを使って、高齢者の運動課題も解決できますし、経済だったらビジネス交流もできますしね。

現在、ワインと社交ダンスのイベントを不定期で実施していますよ。

画像1

ダンスの技術を使って、多くの方の世界を広げられていると自負しています。それに社交ダンスだと、障害をお持ちの方でも楽しめるものが出来るんですよ。

つまりそれは、人によって色々と提案できることがあるっていうのがダンスの魅力だと思っています。ただ逆に、幅が広過ぎてなんでも出来るので「これが!」と言えないのが今の悩みだったりするんですよね。

しかしながら、同じ体験空間を共有すると強い一体感が生まれるので、同じことをやっている集団は繋がりが深くなりますね。そして、そこで新しい自分を見つけられるのは、やっていてワクワクする部分です。

本業もだいぶ広げられていて、現在はダンスパーティーのアドバイス業務、出張ダンス講座も実施しています。なので、ご依頼頂けると、カフェでもバーでも、会社の会議室でもダンスを教えることが出来ます。

画像2

実は「ダンスを文化として福岡に根付かせる」という思いが根底にあって、そのために色々と活動しています。
純粋にダンスを楽しでもらって「ダンスは楽しいですよ!」というのを多くの方の知ってもらいたいです。

私が活動することで、ダンスを楽しむ人口を増え、そしてダンスの価値が上がれば最高ですよ!



(5)次回のインタビュー

私がFJQに入るきっかけとなった、FJQ元代表の小津さんをお願いしたいです。新しい保育園も作って、凄くご活躍されているので小津さんのインタビューを読むのが楽しみですね。

小津さん、宜しくおねがいします!


おまけ(福島パパ写真集)

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9


※福島パパのFBより拝借させてもらいました。


インタビュアーの高橋から一言

福島パパの「考え事をするのが趣味?」というのが気になって、何をどう考えているか聞いてみました。

すると「生きる」とかの哲学的なテーマがい多いらしく「そもそもどうなの?本当にそうなの?」と、常に客観的に、それに反対からも考えるようにしているそうです。

さらに、街行く人を見てその人のバックグラウンドを想像したりもされているようですね。テレビで事件を見れば、被害者、そして加害者はどんな生活してたんだろうか、事件の裏に何があったのかなどと考えるそうです。

それに、福島パパは理学部化学科出身なのもあり、答えのない考えが好きだそうです。

私は逆に答えがないとウズウズしてしまいますし、深く考えることが苦手なので、福島パパに学ぶ部分は多いなと話しながら考えていました。こうやってインタビューさせてもらい、本当ラッキーだなと思いましたね。入ってよかった、FJQ!やってて良かった、インタビュー(笑)


現在福島パパは、このFJQを通して「お父さんと子供の料理教室」を開催されています。
※ちょっと古いですが、こちらを掲載します。

画像10


それと好きな食べ物も嫌いな食べ物も無いことが気になり、そこも勢いで聞いてみました。すると、やはり好き嫌い全くなく、なんでも食べれるそうです。凄いですよね!

それは例えば、「甘いものは好きな人は甘えがち」だと経験から思うそうですし、「渋いものが好きな人は我慢出来る」だなとも思うそうです。つまり、好き嫌いと性格を反映して、嫌いなものが多い人はそれだけ性格の癖が強いということです。

これは私も同感で、同じように思っています。だってこれ、本当にそうですよ。大概の人が嫌いなもの多くて、聞くと理由もなんか中途半端ですね。そうなると、自分もあまりその人のことは信頼できなかったりします。

逆に好きなものが多い人は、私は好きですね。そういう人って、話してて楽しいですし、人の悪口とかもほぼ無いように思います。

今回福島パパとこうやって喋れて、本当嬉しいし、楽しかったです。福島パパがやっている、ワイン×社交ダンスのイベント、私の地元北九州でやりたいですね。福島パパ!ぜひやりましょう!宜しくおねがいします😁


ファザーリング・ジャパン九州からお知らせ

そんなファザーリング・ジャパン九州では、現在もメンバーを募集中です。入りたい!って方から、とりあえず話を聞きたいって方まで、お気軽にお問い合わせ下さい!

また、ファザーリング・ジャパン九州では、主に下記のような活動を行っています。

・セミナー・イベント事業 (絵本ライブ・父子キャンプ・パパセミナー各種)
・コンサルタント事業 (子育てや父子コミュニケーションをテーマにした商品
・サービスの開発、およびマーケティング支援)
・調査・研究事業 (父親支援のための各種アンケート調査の実施と研究)
・パパスクール事業 (九州初の父親学校の企画・運営)
・学生組織の運営(ファザーリング・ジャパン・スチューデンツ(FJS)九州)講演、ワークショップ依頼など、ご興味ある方は、お気軽にご連絡下さいませ。


ファザーリング・ジャパン九州(FJQ)メンバー紹介FILE.8 FJQメンバー「福島優一」パパを、最後まで読んでいただきありがとうございます!

私達ファザーリング・ジャパン九州はこれからも、

「父親であることを全力で楽しんでいきます!」

ありがとうございました〰!


編集・構成:高橋建二(FJQ理事)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂ければ、今より更に頑張れます! 日本、世界中への感謝を忘れません。 明日がより良くなるよう、皆で進みましょう🎵

バリ嬉しいです😁
13

タカハシケンジ/働き方実験家

1児のパパで関東からUターンして、地方都市での暮らしを楽しんでいます。地方だからこそ「自ら日々変わること」を意識しています。良いと言われる仕事や人生よりも、自分自身が楽しい仕事や人生を歩みます。 働き方実験家の理由はhttps://liginc.co.jp/461984

ファザーリングジャパン九州メンバー紹介FILE

ファザーリングジャパン九州のメンバーを紹介させて頂きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。