挑戦することに価値がある

どーも!「SHIFTGOOD」のタカハシです。

これが令和最初のnoteの投稿になるのですが、ちょっと思ったことをnoteで書きます。

ZOZOTOWNを運営しているZOZOですが、ここにはすっかり有名人になった前澤社長がいて、この売上も認知度も右肩上がりで。

それにその前澤社長とお付き合いしている方が、また有名人ということで色々とバズってですね。多分だれもが知ることでしょうが。


だけどですよ、何もかも否定するのは違うと思いまして。ZOZOさんって会社はもうすっかり大企業にも関わらず、関わらずですよ、かなりのスピード感をもっていて、それに失敗を恐れずにどんどん挑戦しています。

だらこそ叩かれることも多いのでしょうが、でも、その挑戦をあまりに叩きすぎるのは個人的には賛同できません。嬉しくないですね。


ZOZOARIGATOというサービスは、実質的な値下げになり、それに反発したアパレル会社さんがZOZOさんとの取引を止める選択をした会社が多かった。

これは当事者たちの問題なので、どう選択するかなど、当事者間の問題だと思います。

だけどそこに関して必要以上に周りが「あーだこーだ」言うのはお門違いだなと感じて。ZOZOARIGATOというサービスは、一方で嬉しくない人もいれば、一方で嬉しい人も生んだサービスなんですよね実際に。


私が思うに、どうすればより良い社会を実現できるのかをZOZOさんは挑戦しようとされたのだと思っています。

なので挑戦する人や会社がいたら、もっと応援する世の中になってもらいたいですね。平成から令和という新しい時代が来るということで、世の中の流れも変わってもらいたいものです。

ってのが今日伝えたいことで。


大企業だからと大所帯になり、過去の成功に引きづられて挑戦しないという、大企業=挑戦しないというイメージを、ZOZOさん達の取り組みによって変革され、日本の大企業のイメージが変われば良いなと。それによって社会が変われば、嬉しいもんですよね。

なので、大企業の挑戦は素敵だなと思います。


「SHIFTGOOD」管理者 タカハシケンジ

私のTwitterはこちらです😁


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂ければ、今より更に頑張れます! 日本、世界中への感謝を忘れません。 明日がより良くなるよう、皆で進みましょう🎵

バリ嬉しいです😁
11

タカハシケンジ/ワークライフサポーター(働き方実験家)

1児のパパで関東からUターンして、地方都市での暮らしを楽しんでいます。地方だからこそ「自ら日々変わること」を意識しています。良いと言われる仕事や人生よりも、自分自身が楽しい仕事や人生を歩みます。 ワークライフサポーターの理由はhttps://liginc.co.jp/461984
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。