シフティングを広げる(1)

 1. 自己価値を高める=ビューシフト

 自己価値が低いということが、ビジネスでもパートナーシップでも、ありとあらゆることに問題を引き起こします。現在、社会で発生しているすべての問題は自己価値に起因するといって過言ではないと思います。

 まず分かりやすいのは、人間関係のトラブルです。自己価値が低く、自己承認がうまく出来ていない人は、他人の自己価値を引きずり落とすことで自分の自己価値を高めようとします。

 最近、「ディスる」という言葉が使われたり、他人を見下す若者の話が話題になったりしていますが、これはその表れだと思っています。現代までは、あまりこういう現象はありませんでした。なぜなら、隣近所に住む人間同士の比較であり、近い年齢の人間も少なく、そもそも競争して自己価値を確認する必要が無かったからです。

 しかし近代に入り、学校ができ、他人との比較の中で自己価値を確認するように変わってきました。よく競争が問題だという議論がありますが、問題は競争そのものではなく、「競争により自己価値を評価する刷り込み」の方だと私は考えます。

 その後、マスメディアが普及し、比較対象が隣近所だけではなく、全国や全世界になってきました。しかし、それでもマスメディアに取り上げられるのは、特別な人だけであり、あまり自己価値の競争相手になりませんでした。

 しかし、SNSができてきて状況が一変します。全国とか全世界の人が、隣近所の人と同様な比較の対象になった訳です。その中で自己価値を確認しなければなりません。当然、他人を引きずり落として自分と同じ位置にしたいという無意識的な欲求も強くなり、「ディスる」という現象が起きたり、少しでも自分の自己価値を脅かす存在にはヒステリックな攻撃をしたりということになります。

 攻撃ではなく不安という形で発現することもあります。他人と比較して自分の子育てが間違ってはいないのか、多くのお母さんが不安に思い育児ノイローゼになったりします。このように、多くの人間関係の問題は、自己価値というものに起因し、近代の社会の在り方、特にメディアやインターネットによって拡大されている分けです。

 これは個人のことだけでなく、国家間や民族間の争いや独裁国家も、実はこれに起因しています。人間は自己価値が低いと、自分の自己承認を他のものに求めます。なぜなら、自己価値が低ければ生きていけないからです。

 一番、分かりやすいものは国家とか民族です。たとえば自分が個人として自己価値を確認できなくても、自分が日本民族であるとか、日本国民であるということに自己価値を置き、自己承認欲求を満足させようとするのです。

 そうするといわゆる右翼化することになります。日本では、ネトウヨと呼ばれる人たちがいます。日本国の誇りや日本民族の誇りを取り戻そうという人たちです。こういう人たちの実態を調べると、ごく普通のサラリーマンやで驚いたという話があります。たぶん、そういう人たちは、会社も含めて社会での自己評価が低く、だからこそ日本国とか日本民族とかの評価にヒステリックにこだわるのではないかと思います。

 それは日本だけではなく、隣の中国や韓国でも、米国や欧州でも同じです。経済が悪くなり、若者が就職難になれば、自己価値をどうしても国家や民族に依存する人が増え、右翼化していくのだと思います。それは、戦前の日本やドイツでも同じでした。

 中国や韓国も同じです。中国は、漢民族ではなく、長らく北方民族の支配が1000年以上続いていました。それが終わったら、イギリスが実質支配し、その後、日本に戦争に負けています。だからこそ、自己価値を民族に見出そうとすると、その古傷が痛み、ヒステリックな反応を起こすのだと思います。韓国も同様で、歴史的に自らのアイデンティティを保つような歴史を持ち得ていません。

 このように見てくると、個人間のトラブルであれ、国家間のトラブルや紛争であれ、個人の中の自己価値を変えない限り解決の方法がないことが分かってきます。また、それ以前に自分の意識が世界を作っているのであれば、自らの価値が低いと意識が思うと、幸福ではない人生、豊かではない人生、争いの多い人生を創り上げてしまいます。それは人類の集合無意識でも同じです。
では、本題のどうやって自己価値を高めるかです。まず、他人に自分の価値は分かりません。それは、価値があればあるほどそうなのです。天才は他人には理解できません。かといって、自分で自分の価値を認めたらいいかというと、それでもうまく行きません。なぜなら、人は他人から評価されて自分を理解できるからです。

 というと解決法がないように思えますが、ひとつだけあります。それはペルソナシフトで、神=宇宙になりきって、自分を評価し、愛し、称えることです。これはとても重要な話なので、ペルソナシフトから独立させて、「ビューシフト」と名付けています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

金子浩一

各種研究&レポート

ビジネスからスピリチュアルまで幅広い範囲の研究やレポートです。 有料コンテンツがメインです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。