【体験レポート】移住するならここ 長浜・彦根①

2月9~10日の2日間に及ぶ滋賀県移住体験、貴重な経験となりました。

当日は関東で大雪の予報があり、新幹線が動かない可能性も考慮して、前日には取りやめようかと思っていましたが。幸いにして雪もたいして降らず、予定通り新幹線も動いており、無事に予定の時刻に長浜へたどり着けました。

まず最初の体験プランは、長浜市街を「観音ガール」の對馬さんという女性に案内してもらいました。

観音ガールが住んでいるシェアハウスはいわゆる古民家を改築したもので、アメリカから来た移住者とともに住んでいるとか。他人と一軒家をシェアしながら住むという形態は、なかなか興味深いものがありました。
もちろん、他人同士ということでそれなりのストレスはあろうかと思いますが、そこを融和しながら過ごせれば、これ以上ない幸せが構築できるのかなって思ったり。

長浜市街は雪が多いため、除雪機能も多かったのに驚きました。

その後は米原で移住者交流会に参加しました。
多くの事を話したわけではないのですが、移住することのデメリットを非常に気にしていた私にとっては、収入や地位・名誉を気にせず、移住という決断をするだけでも十分に幸せになれるのだという主宰者の方の発言に、大いに勇気づけられました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

滋賀移住計画

写真撮るのが好きな人、文章書くのが好きな人。 田舎暮らしにちょっと興味がある人。 レポーター気分で滋賀に来てみませんか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。