見出し画像

訪問看護ステーション、はじめます。

おはようございます、葛飾区の訪問看護師、重本です。


2019年2月1日。

本日、青戸訪問看護ステーションが、第一歩を踏み出します。

私と、私の手が届く人たちの、幸せのお手伝いのために。


家でも、他の場所でも、「自分はここにいていいんだ、いられるんだ」と安心できる居場所がつくれるように。


医療介護福祉の困りごとが相談できるように。


私と、私の母と、私の思いに頷いてくれる同志と、看護師3人で始めます。

現場にいるのは3人ですが、ここにたどり着くまで、たくさんの、いろんな人たちの支援と応援がありました。

本当にありがたいです。

ありがとう。心からありがとう。皆さんに感謝しています。

背中を押してくれる人たちの思いと、私の思いが重なって、私の目指す居場所づくりが、世の人にとっても居心地のいい場所となるように。


私の手が届く範囲がどこまでか。

自分だけか、家族までか、もっとたくさんの人まで届くのか。

出会っていないけれど思いが重なる人たちへ、繋がれるのか。

答えは、私にはわからない。

だから、世の中に問うてみる。


これまで歩んできた38年を、私という人間を、人生を、世の中に対して問いかけてみます。

どうか、私の思いが、独りよがりでなく。

ひっそりと、ちんまりと、でもしっかりと。

根を張り、芽を出し、茎を伸ばし、花が咲き。

にっこりしてくれる人が、できれば私だけではありませんように。

私一人では、ほとんど何もできません。

全ては、これからです。
まだまだ、これからです。

応援にゃん、第一号。たぶん。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

重本 誠之

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

しげ(重本 誠之)

東京都葛飾区在住在勤の訪問看護師。2019年2月に訪問看護ステーションを開業したばかり。中国出身の妻、小学生の娘2人、チンチラシルバーの猫と暮らしてます。訪問看護ステーション開設後に感じたことや考えたことを、ときどき書きます。

SHIPマガジン〜地域包括ケア時代のコミュニティリーダー〜

SHIP(Shinjuku Healthcare Incubation Park)とは、ヘルスケアついて色々な角度から知見を提供出来るフレンズが集まるParkです。目の前の医療に疑問を持った時に安心して集まれる場を目指しています。そこに集まる仲間のnoteを集めたものになり...

コメント4件

凄くピュアな思いがビンビン伝わってきました。絶対重本さんの温かな輪は広がると思います。応援してます!
ありがとうございます、頑張ります!!
そちらも、応援してます!!
訪問看護ステーション、開設おめでとうございます。

これから、多忙な日々と思われますが、お体に気をつけて、ご活躍されてくださいね。
同じフィールドで働くものとして、応援しています!
ありがとうございます!
いつもまかさんのnote、興味深く拝読させて頂いております。
しっかりと後に続けるよう、頑張ります!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。