ウェブライダー松尾茂起

京都でウェブライダーという会社を経営してます。https://web-rider.jp

なぜ、ドラクエの武器屋はあれほど強いアイテムを売っているのに、しがない商売を続けたのか?

ドラクエをプレイしている時に、永遠の謎だったことがある。

それは、「なぜ、ドラクエの武器屋の商人たちは、あれほど強い武器や防具を持っているのに、自分たちが装備して敵を倒してお金を稼がなかったのか?」ということだ。

例えば、ドラクエ3のロマリアの町を例にとって説明する。

ロマリアの武器屋では以下のようなアイテムを売っている。

・せいなるナイフ(攻撃力+14)・・・200G

・くさりがま(攻

もっとみる

おもしろい文章は「たとえ話」や「たとえ形容詞」で出来ているという話

昨晩、おもしろい文章は「たとえ話」や「たとえ形容詞」で出来ている、という旨のツイートをしてました。

そのツイートを自分用にまとめておきます。

おもしろい文章が書けなくて困っているという方の一助になれば幸いです。

そして、次のツイートの言語化は、個人的にも腑に落ちました。

こんな感じで日夜、文章について研究しています。

ライティングを哲学的に考えたい方は、ぜひ、ウェブライダーの求人にご応募

もっとみる

「私の戦闘力は53万です」。53万という数字を選んだ理由について考えてみた。

鳥山明氏は世界が誇る天才マンガ家である。

その一方で、一流の数字の使い手である。

あなたはこのセリフを知っているだろうか?

「わたしの戦闘力は53万です。 ですがもちろんフルパワーであなたと闘う気はありませんからご心配なく・・・」

これはドラゴンボールに登場する、かの有名な悪役「フリーザ」が発したセリフだ。

当時、リアルタイムに少年ジャンプでドラゴンボールを読んでいた小学生の僕は、この「

もっとみる

少額会計の際に1万円札で支払われるのはお店にとってリスクが多いと思う話

680円のカレーを食べて、1万円札を出した。

おつりは9320円である。

店員さんはお札を渡す際に慎重に数える。

「いーち、にー、さーん、しー、ごー、ろーく、なーなー、はーち、きゅー。

お釣りはまず九千円ですね。お確かめください」

このセリフを聞くたびに、僕は「ああ、申し訳ないことをした」と感じるのである。

なぜなら、少額の会計を1万円札で支払われるのは、お店側にとってリスクしかな

もっとみる

論理的にダメ出ししてくれる人は絶対に大切にした方がいいという話

僕は自分のつくったモノに対して、ダメ出しされるのが好きだ。

僕は自分のつくったモノは常にベストではないと思う性格なので、自分のクリエイティブがよくなるのであれば、基本的にダメ出し大歓迎。

だから、自分がつくったモノに対しては、できるだけいろいろな人にダメ出ししてもらうようにしてる。

そのダメ出しがクリエイティブのレベルを高めてくれることを過去の仕事で実感しているから。

 

・・・ただ、ダ

もっとみる

「描かないマンガ家」を読んで、自分は本当に描きたいものを描かないといけないと感じた日

あなたは“自分が本当にやりたいこと”を行動に移せているだろうか?

連休を使って、「描かないマンガ家」というマンガを読んだ。

●描かないマンガ家(Amazon)

  http://goo.gl/L5xpe

このマンガは、売れっ子のマンガ家を志す26歳の男がマンガの専門学校に通うも、口だけが達者で一向にマンガを描こうとしない日々を描いたマンガだ。

まだ4巻までしか読んでないが、4巻の時点でも

もっとみる