10分足チャートを使ったデイトレ手法

この記事では、『10分足チャートを使ったデイトレ手法』を紹介します。

10分足チャートを使って、直近数日間の値動きから買いのタイミングを見極めるやり方です。

デイトレは、当日の値動きだけを見ていても、なかなか勝てるようにはなりません。
直近数日間の値動きや重要なチャートポイントをしっかり把握した上でトレードすることが大切です。
この記事では、直近数日間の値動きや重要なチャートポイントをどのように把握し、トレードに活かすかを説明しています。
また、どのようなタイミングで株を買うのか、についても説明しています。

「今までデイトレでうまくいかなかった。10分足チャートの手法でがんばってみよう!」
という方は、ぜひ、購入してください。

※この記事で紹介している手法では10分足チャートが必要です。
※買いのタイミングは決まっていますが、利食いとロスカットのタイミングはとくに決まっていません。
※デイトレはもちろん、スイングトレードの仕込みとしても使えます(相場状況をリアルタイムで見ている必要があります)。
※この記事は、著者の投資テクニックを解説したものです。個人の投資結果を保証するものではありません。

この続きをみるには

この続き:7,804文字/画像12枚

10分足チャートを使ったデイトレ手法

二階堂重人

17,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

二階堂重人

二階堂重人(にかいどう しげと) 専業トレーダー。 著者累計は92万部を突破。 主な著書は、『最新版 株デイトレードで毎日を給料日にする!』『FX 環境認識トレードで毎日を給料日にする!』(すばる舎)、『最新版 これから始める株デイトレード』(日本文芸社)など多数。