デイトレードによる資産運用(低リスク手法)

一般的に、株式の資産運用というと、中長期の投資になります。
ほとんどの人は、デイトレードで資産運用をしようとは思わないはずです。

この記事では、デイトレードによる資産運用の方法を1つ紹介します。
リスクを極力抑え、勝率の高いタイミングに絞り込んだトレードです。

私自身、この手法を約15年間、使い続けています。
そのやり方を、一切隠すことなく、すべてを公開します!

【手法の特徴】
●2004年から15年くらい使い続けている
●リスクが極めて小さい
●高勝率
●裁量トレード
●買い指値の値段は決まっている(基本的パターンでは)
●トレードの回数は少ない


この手法は、2004年に作りました。
それから今まで継続して使っています。
もう15年くらい使い続けているわけです。
損をする手法であれば、15年間も使い続けることはできません。

他のデイトレード手法に比べると、リスクは極めて小さいです。
私自身、この手法で大きな損失を出したことは、ほとんどありません。

勝率は実際にデータを取ったわけではありませんが、他のデイトレード手法の中ではかなり高いほうです。
手法のロジックを理解すれば、なぜ勝率が高いのか、わかると思います。

この手法は裁量トレードです。
トレードする銘柄の特徴や探し方は、記事で解説しています。
簡単に探せます。
基本的な買値は決まっています。
銘柄が決まれば、買値も決まります。
誰がやっても、同じ買値になるわけです。
ただし、利食いやロスカットのタイミングは、各自で判断します。

トレードの回数は少ないほうです。
リスクを極力抑え、勝率の高いタイミングに絞り込んでいるので、どうしても少なくなってしまいます。
それだけ厳選している、ということです。
そのため、この手法だけで専業になるというのは難しいと思います。
「片手間で余剰資金を運用する」といったトレードです。


※この記事は、著者の投資テクニックを解説したものです。個人の投資結果を保証するものではありません。

この続きをみるには

この続き:7,379文字/画像8枚

デイトレードによる資産運用(低リスク手法)

二階堂重人

12,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

二階堂重人

二階堂重人(にかいどう しげと) 専業トレーダー。 著者累計は92万部を突破。 主な著書は、『最新版 株デイトレードで毎日を給料日にする!』『FX 環境認識トレードで毎日を給料日にする!』(すばる舎)、『最新版 これから始める株デイトレード』(日本文芸社)など多数。