イギリス留学2週目〜英語レベルや生徒の国籍について〜

こんにちは、絶景プロデューサーの詩歩です。

前回の記事で、現在滞在しているイギリスはブライトン留学の、お部屋や食事についての私生活のご紹介をしました。

今回は、留学生活のメインとなる「語学学校」についてご紹介します💡

<詩歩のイギリス・ブライトン留学>
 -どんな語学学校に通っているの?
 -私の英語のレベルについて
   -どんな授業をとっているの?スケジュールは?
 -クラスの国籍比率は?
   -なぜか多いオマーン人学生。その理由は
 -何歳くらいの学生が多いの?

  などお話しています。

今回通っている学校は、住んでいるアパートメントから歩いて15分ほどの場所にある学校です。

2年前のトロントでは生徒数が多く、グループ校が世界中にある大規模校に、1年前のマルタでは逆に生徒数が少なく、マルタにしか学校がない家族経営の小規模校に通っていました。

ふたつを比較して前者のほうが個人的にはメリットを感じたので、今回のブライトンも大規模校に通っています。

--------------------------------

今回は大きく分けて「レベル別授業」と「English for work」の2種類をとっています。

前者はテストによってクラス分けされ、後者はレベルはごちゃまぜ。

初日にクラス分けテストがあるのですが、わたしは「Upper Imtermediate」クラスという、上から2番目のクラスに。

(↑頑張って作ったのに文字ずれてた…諦めるw)

トロントとマルタでは、レベルの名前は違ったけど、両方とも「Intermediate」で始まり、1ヶ月後に「Upper Intermediate」にレベルアップしたので、今回は最初から「Upper Intermediate」!

去年留学してた頃の英語レベルを維持できてたということで、嬉しい☺

--------------------------------

このレベル分けクラスは、1日90分×2クラスで、ガッツリやります。

この続きをみるには

この続き:2,273文字
記事を購入する

イギリス留学2週目〜英語レベルや生徒の国籍について〜

絶景プロデューサー詩歩

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご覧いただきありがとうございます☺いただいたサポートは、より新しくて面白い絶景情報をお届けできるよう、取材費として活用させていただきます。

スキ♡ありがとうございます!
10

絶景プロデューサーの頭の中

2018年5月開始。月8-10本程度配信予定です。「旅行に関するSNSマーケティング」「イケてるプロモーション事例」「絶景の発掘方法」「どうやって旅をしているのか」etc、国内外の新しい絶景スポットを巡り、それを仕事にしてきた経験をもとに更新していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。