見出し画像

痩せない理由と基本欲の関係

基本欲とは、三大欲求とも言われる、睡眠欲、食欲、性欲を指しています。

生物として人間を捉えると、他の生物と相違なく、

生きる、産む、育てる

が生物的に基本的な仕事になります。

幸福とか自己実現とか、マズローだとかいろいろありますが、社会的なものはとりあえず脇において、この3つの欲について考えてみたいです。


タイトルに関連して、結論から言うと

痩せない理由とは、

正常ではない食欲

です。痩せたいと思っているのに、痩せない方々の特徴は、みな必要以上の食欲が原因ように見えますので、そう仮説してみたいと思います。

不摂生とか糖質とか、運動不足とかじゃなくて
一番の理由は、異常な食欲です。


食欲を他の欲と比較するとわかりやすくなると思います。

睡眠ですが、いつまで眠れる、ってことは通常ありません。
寝不足でなければ8時間もすぎると勝手に目が覚めてしまいます。それが9時間でも良いですが(死亡率は高くなりますが、その辺は今はおいておいて)、適度な睡眠をとると自然と目が覚めるようになっています。

性欲も言わずもがなですが、一晩にできるセックスの回数なんて、男性の場合は特にですが、たかがしれています。一晩と言わず一月の間にと言い換えたって、限度はすぐに見えます。もう都会のコンビニくらい、「ちょっと行ってそこ右に曲がったら」くらい先に限界があります。

そして食欲なんですが、食欲も本来「適度になる」ように作られています。これを「セットポイント理論」と言いますが、難しい話ではなくって、150年くらい前までは、肥満の人間ってほとんどいなかったそうなんですが、それでちょっと考えがまとまってきませんか。

ふつうにしていると、本来そんなに太らないはず、なんです。

セットポイント理論とは、アダム・スミスの「神の見えざる手」が如く、太ると食欲が減って、痩せると食欲が増すようにできてまっせ、というものです。

野生の動物にしろ、狩猟採集民たちにしろ、デブがいない。炭水化物とかケトン体がどうのとか関係なく。では、どうしてこのセットポイントが壊れちゃうのか?(セットポイントが上がる、と言います、本来)というと、理由はつぎの3つです。

1.美味しすぎるもの

2.食事の種類が多い

3.睡眠不足


1.美味しすぎるもの
ゲームの話にも出てきた脳の「報酬系」が美味しいもので刺激されて、ドーパミンがでます。それで病みつきになっちゃうわけです。で、美味しすぎるものって何かというと加工食品や添加物なんです。半世紀以上に渡り、研究されて生まれた「すげー美味いもの」、それが加工食品と添加物なんです。ポルノと一緒で、超正常刺激で、脳の想定を超えた刺激になるんです。具体的には、「もうお腹いっぱいやねん」サインであるレプチンというホルモンを脳が受け付けなくなるんです。そりゃ太るがな、という話です。

2.食事の種類が多い
本来、そんなに多くの種類はたくさん食べてなかったよね?という話で、脳の想定を超える種類は太るのだそうです。バイキングなどは、いつも以上に食べちゃうよね、ってことですが、これはまあ普段はそんなに多い種類に接しないなら関係ありませんが、知っておくと便利ですね。

3.睡眠不足
1とこれが、現代人が「痩せない」「太る」原因のツートップです。理由は簡単で「壊れる」からです。心も体も壊れます。じゃあ何時間寝れば良いのか?というと人によるんですが、統計では6時間以下、9時間以上だと死ぬ確率がバリバリ上がります。7〜8時間くらい寝てればいいなじゃないかというのが私の現在の強固な仮説です。ただ狩猟採集民は6時間以下だったするそうで、睡眠の質が上がれば、減っても大丈夫かも?ということは『最強の食事』という本にも書かれていました。ちなみにショートスリーパーは1%以下くらいしかいないそうです。それと睡眠時間とともに大事なのが「いつ寝るか」です。これも人によるので、「クロノタイプ」で検索するといろいろ詳しい話が出てきますので、興味があればそちらを御覧ください。


結論としては、「身体あってのいろいろだよね」ということになります。経営者だろうが、社会的に使命を担っていようが、ちゃんと寝たほうが良いよ、という話でした。ちゃんと寝て、ちゃんとしたもの食べてれば、そんなに太らないし、健康で太っていなくて、好奇心に従って生きているなら、けっこう幸せには気づきやすくなりまっせ、ということになります。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

おおたしじみ

文章を書きます。

うたかたのしじみ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。