某ファッションイベントについて

某ファッションイベント、まぁFAVRICなんですけどね。ゲームのCGやってる自分は正直見てられないクオリティで残念でした。

CGモデルの物量はともかく、演者とのシェーダー合わせを統括するアートディレクター的な存在が居なかったのか、シェーダーの知識が無かったのか解らんが、あまりにも酷いなと。

モデルのクオリティ自体も、バランスのとり方やUnityのhumanoidベースな為に補助骨が圧倒的に足りてない人物モデルに対する調整など、なかなか見てて辛い…。

「初めてにしては大きく金と人が動いたな」

と引いた目で見てたけど、次回は規模よりクオリティと販路とイベント後の服側のプロモーションにお金を使って欲しい。


気になって運営会社の事を調べて見たけど、ファッションショーやってる会社がメインで動いてたっぽいのかな?それはそれで良い事だと思うけど、もっと「服ありき」な展開の方が新しい風が起きたかもしれない。今回のイベントは既存のVTuberの経済圏内でしかお金が動いてない。
デザイナーブランドの服を売り出すためのイベントだと思って二を開けてみたら、モデルがメインとのイベントでしたというなんともガールズモード運営らしい内容でした。

イベントレポート記事がアップされましたね。
https://ftn.zozo.com/n/na46cae580770
https://www.inside-games.jp/article/2019/10/02/124995.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

しかちゅー

ゲーム会社でキャラクター作る人。

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。