【ワーママのワガママ】ママが学び続ける大切さ

こんにちは。
2歳半の娘を育てつつ、
時短勤務で日々奮闘しているワーママです。
※8月からは再び産休に入ります!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

6月から、2ヶ月にわたり受講していた
「ぐちゃぐちゃ遊び認定講師養成講座」の講義がすべて終わりました。
まだ、認定試験(実際に生徒さんを対象に自分のプログラムを実施する)が残っていて、目下準備中です👌

ここで学んだことはおいおいブログにあげるとして。

書きました!
内容は下記blogから★
https://note.mu/shima_yuki30/n/n1d4d3d3cf005

わたしが、この3ヶ月間で実感した3つのことを書きたいと思います。
①やれる!と信じればやれる!
②知識が自信に繋がる
③仲間がいることで進むことができる

① やれると信じればやれる
今回の講座は平日の日中に開催されているため、会社を休まなければなりませんでした。講義が8日+実習と認定試験で、計10日を2ヶ月半のうちにやすむのはなかなか勇気のいることでした。
ましてや、妊娠中の身。今やる必要があるのかな?と何度も悩みました。
しかし、ここまで来てできないことはないんだ!と実感しています。
もちろん、会社の制度が充実していたこと、周りの理解があったことも大きいですが、多少仕事を犠牲にしても自分の「やりたい!」を実行する為には、優先順位付けと、やるんだ!という自信をもって進むしかないです。

② 知識が自信に繋がる
なんとなくネットや本から得た知識と自分の判断をもとに子育てをしてきましたが、いつも本当に正しいか?これでいいのか不安が付きまとっていました。しかし、講座の中で自分なりに納得の行く理論や方法に出会えたことで、焦らずに落ち着いて子供と接することが増えた気がします。
そして、自分らしく自分なりの基準を持って育児をして行く自信を持てたことで、回りと比較することも減って私らしい育児に繋がるな。と実感しています。

③ 仲間の大切さ
今回同じ講座を受けて認定講師になろうとしている方が5人います。すでに、お教室を開いている人、子育て中のママ、私同様働きつつ受講したママ。それぞれが、いろんな状況のなかで2ヶ月間講座を受講し、実習案を作成していました。
みんなが作ったプログラムは、個性が出ていてすべて魅力的✨✨✨✨講座に取り組む姿勢もみんな真剣で、心が折れそうなときに何度も背中を押されました。一人でこの講座を受けていたらきっと、どこかで挫折したり、妥協していたと思います(゜ロ゜;
6人6色のビジョンをもって、切磋琢磨でる仲間がいたことで、講座を完了することができ、これからもたくさんの刺激を受けると思います。

ぐちゃぐちゃ遊び認定講師養成講座。

決して楽しいだけの講座ではなく、
勉強もしたし、準備もたくさんするし
寝不足にもなります。

その分、自信と生きた知識と仲間を得ることができた気がします。

ここで得たものをどう生かすかは
私次第!

少しずつアウトプットしていきます🎵

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Goto yuki

山と海が大好きなワーキングマミー。 合言葉は「Proud of myself」。 ぐちゃぐちゃ遊び親子教室はアメブロをみてください🎵 https://ameblo.jp/gohan-to-yuki
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。