Kana Shimada

作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

経験しなかったこと、経験できなかったこと。

ごく一般的な50歳のライフスタイルといえば、男性は仕事も体力も折り返し、結婚して思春期の子供がいるあたり。女性は子供が成人し子育てから解放され、セカンドライフにはしゃいでいる。
男女で家庭生活のタイミングがずれるのは、女性のほうが早く結婚しているからだ。初婚の平均年齢は、いつの時代も女性の方が若い。

上記に挙げたモデルケースは多数派かもしれないが、絶対数的には、当てはまらない人のほうが多いと思う

もっとみる

更年期も老化も地味にツライ。でも一番怖いのは……。

ここ最近、目覚めの関節痛と不定期なホットフラッシュ(と思われる首から上の汗)が地味にキツイ。
これはたぶん、いや確実に更年期の症状だ。ずっと覚悟はしていたが、いよいよ来たかという感じ。すでに昨年あたりから起こっていたような気もするが、頻繁になったせいでハッキリ自覚した。

更年期はまだしばらく続くだろうし、老化はこれまでもこれからも襲われる一方。レベル40あたりから「坂道コロコロ」な下り坂ライフと

もっとみる

熟女には「頭皮のニオイを嗅いでくれる男」が必要だ。

先日、あるテレビ番組で「1週間【湯シャン】した頭皮は赤ちゃんの匂いがする」という説の真偽を検証していた。
実験台にされたのは、アラサーの可愛い女子タレント。だが結果は「赤ちゃん」どころか「オジサン」のニオイだった(笑)

アラサー女子でさえ、1週間シャンプーを使わなければ、堆積した皮脂が酸化し、頭皮がオジサンのようなニオイになってしまう。加齢臭がプラスされる熟女が同じことをしたら、想像を絶するかぐ

もっとみる

何でも「更年期」で片づけるとか、安直すぎる外野に物申す。

更年期の定義は「閉経前後およそ5年=トータル約10年」といわれる。つまり熟女層は総じて更年期に該当するということだ。

あたしも例外なく更年期真っ盛りである。
暑がりになったのは太ったせい、関節痛は膠原病(一応寛解とは言われている)の一環かと思っていたが、いずれも更年期にありがちな症状だ。むしろ更年期のせいだと思ったほうが諦めもつく。

もっとみる

高齢の父に男関係を心配される、50の熟女。

先日、両親の結婚60周年を一家で祝ってきた。
場所は箱根。メンバーは両親、姉と姉の夫、上の姪(姉の子)とその夫、下の姪、そして自分の8名。仙石原のホテルに一泊し、会席料理に舌鼓を打ったりお祝いの品をプレゼントしたり、つつがなく楽しい宴となった。

もっとみる