2018年ノーベル生理学・医学賞〜免疫細胞のブレーキを外してがん細胞に向かえ!〜

2018年のノーベル生理学・医学賞はJames P. Allison氏、本庶佑氏の2名に授与されることが発表されました。受賞理由は「their discovery of cancer therapy by inhibition of negative immune regulation(負の免疫制御を抑制するがん治療の発見)」です。

(カバー画像はhttps://hataraku-saibou.com/special/content_download/より。広い意味で教育関係ということで)

免疫細胞には車みたいにブレーキがある

プレスリリースのイラストはこちらです。

毎年クセが強いので、何が何だか説明しがいがありますね。

この車が免疫細胞のひとつで、T細胞。奥に見えるピンクが、がん細胞です。T細胞ががん細胞に向かって攻撃するシーンを描いたものです。

車のエンジンをかけるとき、サイドブレーキは上がっていて、ブレーキペダルは足で踏んだ状態ですよね。これではがん細胞に向かって車を発進できません。

実は、がん細胞はこの仕組みを巧みに利用して、T細胞という車を動かさないようにしています。がん細胞がサイドブレーキを上げ、ブレーキペダルを踏むことで、T細胞ががん細胞を攻撃しないようにしています。

ブレーキを外せばがん細胞を攻撃できる

Allison氏が発見したのはサイドブレーキのほうで、CTLA-4というもの(左上)。CTLA-4というサイドブレーキを、抗体(タンパク質に結合できる物質)を使って下げれば、T細胞が攻撃できるようになる、ということです(左下)。

本庶氏が発見したのはブレーキペダルのPD-1。がん細胞がPD-1というブレーキペダルを踏んでいるのを(右上)、抗体を使ってブレーキペダルを保護することでブレーキペダルが上がり、T細胞が攻撃できるようになります(右下)

論文として報告されたのは1990年代ですが、日本で抗PD-1抗体(PD-1に作用する抗体)であるオプジーボは2014年に承認され、現在の日本では悪性黒色腫、非小細胞肺癌、ホジキンリンパ腫、腎細胞癌、頭頸部癌、胃癌、悪性胸膜中皮腫が適応です。

サイドブレーキやブレーキペダルは「免疫チェックポイント分子」と呼ばれており、このブレーキを外す(阻害する)薬は「免疫チェックポイント阻害剤」といいます。

受賞理由にある「負の免疫制御を抑制する」とは、「ブレーキを外す」ということです。

ただの「免疫療法」には気をつけて

がんの治療はこれまで、外科的手術、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法の3種類でしたが、ここに今回の発見を踏まえた新たな治療法「免疫チェックポイント阻害療法」が登場しました。

単に「免疫療法」ということもありますが、今回の免疫チェックポイント阻害剤以前でも、T細胞を活性化させる(アクセルを踏ませる)方法で「免疫療法」という言葉が使われたので、厳密には区別して使う必要があります。

というのも、「免疫療法」で検索すると、自由診療で高額な免疫療法を行うクリニックが見つかりますが、効果が認められたものか怪しげなものも多く含まれています。そこに引っかからないように注意してほしいと思います。詳しくは国立がん研究センターのサイトをご覧ください。

最後に、お二人ともおめでとうございました! Congratulations!

おすすめ図書は『はたらく細胞5巻』。がん細胞のエピソードで今回に近い内容が出てきます。

*noteユーザーでなくてもハートマーク(スキ)を押すことができます。応援よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでいただきありがとうございました。サイエンスの話題をこれからも提供していきます。いただいたサポートは、よりよい記事を書くために欠かせないオヤツに使わせていただきます🍰

a-ri-ga-to
93

知っておきたい科学のこと

サイエンスにつながる話題、新常識など。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。