シマヅ

フリーライターです。記事にする程でもない駄文を書きなぐります。更新頻度はクソ遅いです。 ツイッター:https://twitter.com/Shimazqe

ツイッターに上げたやつ

この後、家に帰り血眼になって探したところ、枕の下から発見されました……。

痩せたければ身体を壊せばいい。ただ、身体だけじゃなくすべてが壊れるぞ、という話。

痩せればモテる、デブは存在自体がウザい。そのような理由で、「痩せること」への憧れは根強いように感じられる。

しかし、本当に「痩せること」は良い事なのか? もちろん、医者から「痩せないとこのままじゃ死にますよ」と言われるレベルの人にとっては良い事に間違いはないだろう。

ただ、他人からちょっと「太った」だの「デブじゃね?」だの言われた程度の人は、己にとって「痩せること」が本当に必要なのか、今一度、

もっとみる

30歳になって得たライフハック3選

「老い」は人を苛む。特に女性は、歳をとることに恐怖や嫌悪を覚える人が多いだろう。少なくとも、私はそうだ。2018年4月14日をもって見事30歳となった瞬間、「マジかよフザけんな、まだ心は20歳なのに、心と体の剥離がすごすぎてヤバい」とマジで落ち込んだ。

さらに追い打ちをかけるよう、先日、20代の知人女性から「ババアですねw」と言われたり、同じく20代の知人男性から「熟女カテゴリーですねw」と言わ

もっとみる

某ファッションアイテム通販サイトを利用したら「服の値段って何なんだろな」と思った話。

服は生活必需品。着ずに公共の場に出たら一発アウト。だから絶対に買って手元に置いとかなきゃいけないんだけど、デザインやら値段やらが我々を悩ます、オシャレもしくは金持ち以外の人にとって「地雷」判定せざるを得ないブツ。

「服を買いに行く服がない」タイプの私にとって、衣類の通販サイトは無くてはならない存在。現在は、私が知っている限りでの「良い物が安く買え、品揃え豊富」なサイトを利用している。本当に良いと

もっとみる

メ○カリが業者の戦場になっている。その裏側を暴露するぞこの野郎

吾輩は主婦である。子どもはまだ無い。

 どこで拗れたかとんと見当がつかぬ。何でも世知辛いギスギスした所でオラオラ喚いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて賃金というものを見た。しかもあとで聞くとそれはバイト代という賃金中で一番「彼氏にプレゼント買うためにちょっと働こ♪」とか「ギター買いてぇからとりあえず金稼ご」とかいう刹那的な種族であったそうだ。

 というわけで、高校生時代からバイトの

もっとみる