【ボクシニ 〜20年のキセキ〜】16

1月29日

僕は着実に回復していく

トイレも一人で行ける
ご飯もこの日は七分粥
明日の夜ご飯の時間には通常の食事になると聞いている

ただ一つ懸念することがある

今僕の身体は

傷だらけ
管だらけ


内臓破裂…


正確には


・肝臓破裂 (うち5割破損、6割切除)

・肺気胸

・肺挫傷


カルテには他にも複数文字が羅列していたが
大きな問題点はこの3点とのこと

なかでも肝臓の手術が一番たいへんで
そのために僕は
身体に大きな傷を刻むこととなった


縦30㎝
横20㎝ほどの大きな傷


傷痕はミミズ腫れしていて盛り上がっている
傷の太さや厚みは小指くらい太い
目線を下げ、腹部を見ると
カタカナの《ト》の字に見える


「これ…どうなるんだろう…」


先々どうなるか
全く想像できなかった
いや…
想像したくなかった


ついこの間まで友人と遊んだり
ついさっきまで普通に働いてた


何で僕がこんな目に遭わなければならないんだ!


やり場のない感情は
いつまでも僕の周りを浮遊して
視線を遮ってくる…


「夕闇の中に溶けてしまえばいいのに…」


ボソっとつぶやいた言葉は
夕日と共に静かになり
朝日と共に目を覚ます

これまでとは違う
本当の意味での苦しい日々が
ついに、始まった



つづく


#ボクシニ

#20年のキセキ

#最新話

#第16話

#リハビリ

#内臓破裂 #手術痕 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

注連内博之

鍼灸師・スポーツトレーナー・治療家 本を読むことが苦手、というかできない… そんな畑違いの自分が小説に挑戦しました。 内容はノンフィクションです。 ぜひ一読ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。