見出し画像

note、始めてみました。


こんにちは。下山田志帆です

note、始めてみました。

元から文章を書くのは結構好きだったけど、こうやって”下山田志帆のページ”に何かを投稿する経験は中学の時の前略プロフの時からないなあ。ってことで、ちょっとビビってる。

▼noteから学んだ、noteを書く意味

さて、なんでいきなりnoteを書こうかと思ったかについて。

先日、尊敬する大先輩@すてっぴぃさんのnoteにて自分のセクシャリティのカミングアウトをさせていただいたわけですが、その時に1番感じたことは「発信ってすげええええ」ってこと。

自分のセクシャリティのこと、女子サッカー界のメンズこと、彼女との関係etc…今までは「これってオープンにしたらどうなっちゃうんだろう。」って”何も見えないこと”に対してものすごく怯えてた。けど、いざ、勇気を出して発信してみたら、ポジティブな意見も否定的な意見も全て見えるようになって。それが、全部含めて”気づき”っていう喜びに変わったんだよね。「へー!自分が見てきたものをそんなふうに捉えてくれたんだ!」「これは良いと思ってたけど、ネガティブに感じる人もいるのかあ。」って。

だから、今までは全然見えないものに対して怖いなあって尻込んでたけど、それが今はちょっとしたワクワク感になってる。

そして、発信をすることで自分の見てきたものや経験したものが、誰か1人の何かに気づいてもらえるきっかけになったり共感にもなるんだなあ、嬉しいなあって。だから、note、始めてみました。

▼自分の価値を確かめたくて

ちょっとカッコいいこと言ってるみたいで恥ずかしいし、調子乗ってるみたいで嫌なんだけど、結構最近ガチで思ってることだから書かせて。

ついこの間まで、自分の人としての価値とか、サッカー選手の価値ってあるのかなって物凄く悩んでて。けど、色んな人に自分のことをオープンにしたり、ドイツで感じたことを話していくうちに、自分にしか語れないものって誰にでもあるんだなってことに気がつき始めた。

自分が24年かけて見てきたもの、経験してきたものは自分にしか語れない価値あるもので、それは他の人も絶対そう。だけど、それを内側に秘めているだけだと自分でもその価値に気づけないし、周りにも気づいてもらえない。それって、win-winならぬ”lose-lose”もしくは”null-null”だと思うんだよね。

茨城のヤンキーに囲まれながら育ち、お嬢様系女子校にいながら軍隊系サッカー部所属というギャップ系女子高校生をやり通し、慶應ガール&ボーイに囲まれながら価値観の違いを肌で感じつつ、海外ドイツでサッカーをするって経験もしていて…自分でいうのもなんだが人生ネタだらけなはず、と。

だから、ある意味自分の人生のどこに価値が隠れているのかを見つけたくて、noteで発信してみよっかなっていうのも1つの理由。

▼今後の展望

せっかくセクシャリティをオープンにできたし、これからは自分が「伝えたい!!!」って思い続けてきた諸々をとりあえず言語化したい!マジでしたい!

そして、自分の価値に自分で気づくのってものすごーく難しいからこそ、誰かに引き出してもらうことの重要さにも気づけたから、今度は自分が誰かの価値を一緒に探すようなsomethingをやりたい!マジでやりたい!!!

「書きたいことは書く!やりたいことはやる!」スタンスで、自分の気持ちに正直になりながらボチボチnoteをやってみます。宜しくお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!!!
33

下山田志帆/Shimo Shiho

女子サッカー選手です。【スポーツ×LGBT】【スポーツ×ジェンダー】をテーマに、自分らしさを考え続けています。🌈
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。