魚を釣るために必要な3要素とは?

「心技体」とは特にスポーツにおいて重要とされる三要素です。メンタル、テクニック、フィジカル、のそれぞれをバランスよく磨き上げることで一流に近づくことができます。

こうした3要素は釣りにもある気がしています。具体的にいうと、「魚を釣るために必要な3要素」とでもいいましょうか。「まだ3尾しかブラックバスを釣ったことがないのに何をわかった口きいてんだ」、という声は無視。そういう外部からのボールはどんどん無視していきます。これが「女に絶対モテるためのコツ3選」とかだったら「は?」で一蹴されそうな気もしますが、そういう心配がなさそうなのは、釣りが比較的”ヘルシー”な趣味だからにほかなりません。

 「知識」

「魚を釣るために必要な3要素」を順を追って説明すると、まずはじめに必要なのが「知識」です。ブラックバスを釣るためには知識が必要です。知識がないビギナーでも釣れることはありますが、それには再現性がありません。

バスの生態、季節パターンの理解、フィールドの地形への理解、タックル/ルアーの知識、、、などなど、最低限知っておかないといけない知識は山ほどあります。特にルアーなんて山ほど種類があるなかで、その日、その状況にベストマッチのものを選ぶ能力は、知識とセンスの両方を要します。

これはバスプロの釣りを見てるとはっきりわかります。「この時期のバスは◯◯だから〜」「このフィールドは◯◯という特徴があって〜」「このルアーの◯◯みたいな動きは今の時期のバスがよく反応するので〜」、などなど、とにかく知識の幅が広く深い。

それでメシくってるバスプロと比較してもしょうがないんですが、知識の多さは釣果に直結してくるんじゃないかと思います。

「技術」

ふたつめが「技術」釣りの技術というとスポーツみたい! って思うかもしれませんが、そう、まんまスポーツなのです。

とくに最も求められる技術は、キャスティングの精確さ。キャスティングというのは、竿を使ってルアーを飛ばす動作のことを指します。そしてこのキャスティング、「狙ったところにルアーを放り込む」というのがまあ難しい。初心者の場合、ルアーはたいていの場合、明後日の方向に飛んでいきます。

「あそこにいそう」と思った「あそこ」に的確にルアーを投げることができれば、自ずとバスが釣れる確率は高まっていきます。プロと素人との間には、ここに歴然たる技術さがあるのです。

「運」

これを「魚を釣るために必要な3要素に含めるかどうかは悩みどころではありますが、これはかなり重要。確実に。

釣りの世界には「バレる」という言葉があります。「バレる」とは、一度針がかかった魚から針が外れ、獲物を取り逃してしまうということです。「逃した魚は大きい」といいますが、バレた魚ほど大きいものはありません。

そして、この「魚がバレるかどうか」は、ほとんど運次第なのです。針が深く刺さっていなかったり、かかっているところが悪かった、とかいろいろ原因はありますが、それはたいてい「運が悪かった」で片付けられてしまいます。

だからこそ、どんなに釣りウマなバスプロでも、魚がヒットした瞬間から手に掴み取るまで、「頼む!」「バレんなよ!」「お願いします」との願いを口にしながら慎重にやり取りをします。「たまたま釣れる」ことはそんなになくても、「たまたま外れる」ことはよくあるんです。

こうしてみると、魚を釣るために必要なことっていろんなことがあります。どうですか? 「釣り」って聞くと、田舎のおじいちゃんが、堤防にでーんと腰掛けてエサのついた針を投げ、おにぎりでも食べながら浮きが沈むその瞬間をただただじっくり待つ、みたいな「受け身の釣り」を想像される人も多いと思います。

けど、特にバス釣りになると、知識や技術をもとにした「攻め」。こっちから獲りにいかないと決して釣れない、なんともアグレッシブな営みなんですね。しかも、最終的に魚を手にすることができるかどうかは、わりと「運」にもかかってくる、というギャンブル的要素もある。だからこそ、ハマるんだろうなあ。


やってる?
6

shimotsu

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。