技術書典5でiOSのテスト本出します!

こんばんは。shindyuです。
2018年10月8日に池袋サンシャインシティで開催される技術書典5で「さわって学べる!iOSテスト駆動開発」というiOSのテスト本を出します!@スペース う 10「サティファク!」

・第1章 テスト駆動開発をはじめよう
・第2章 XCTestチュートリアル
・第3章 iOSアプリをテスト駆動開発で作ってみよう
・第4章 テスタブルなiOSの設計
・第5章 新規アプリでテスト駆動開発を行う
・第6章 既存アプリでテスト駆動開発を行う
・付録 What's New in Testing (Xcode 10)
80ページ / 1,000円

前半の第1章〜第3章(山下さん担当)は、テスト駆動開発の説明から始まって、XcodeとXCTestを使って実際にiOSアプリでテスト駆動開発(厳密にはATDD)をするチュートリアル的な内容になっています。

後半の第4章〜第5章(自分の担当)では、アプリ開発におけるテスタブルな設計の必要性と、実際のアプリ開発にテスト駆動開発を導入するうえで知っておくと良い事柄などをまとめた内容になっています。

自分の書いたところは、前半部分に比べテスト駆動開発の手法自体の説明は薄めになっていて、どちらかというとテスト駆動開発を行うための事前準備や開発全般の心構え的な話が多めです。自分が普段から思っていることを書き殴ったので、若干エモい文章多めになってるかもしれませんが、テスト駆動開発で役立つTipsなども結構載せたのでご容赦ください(笑)

ちなみに、めちゃくちゃ格好良いこの本の表紙はスーパーデザイナー・中島くん / @52shinNakaがやってくれました。
入稿1週間くらい前に「グラフィック系の表紙の方が簡単にできますよ〜」って言われてイメージ伝えたら、3日でこれ上がって来て著者2人ですげーーーー!!!って言ってました。圧倒的感謝。

当日は100部(刷り過ぎか!?)を持って行く予定にしてます。なんか他にもノベルティ的なのを作ろうかーみたいな話もしてますがどうなるかまだわかりません。

スペース う 10「サティファク!」では、他にも@8pocketsくんが「はじめてのHTTP/2」という本を出します。こちらも中島くんによる格好良い表紙が炸裂してます。
中身も少し読ませてもらいましたが、綺麗にまとまっていて、このあたりの知識が全然無い自分にもわかりやすく読めて良い本だと思いました。

技術書典当日は、スペース う 10「サティファク!」でお会いしましょう。では。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

shindyu

iOSアプリエンジニア。ペアプロとテスト駆動開発とSwiftが好き。最近はReact/Reduxでサービス作るお手伝いしたりとか。email -> shindyu.dev@gmail.com

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。