shinji.uyama

Web Application Engineer / C++, Ruby, python, React.js, etc...

質問や議論するときは、「相手にどうして欲しいのか」を明確に伝えた方が良いという話

「で、つまりどうして欲しいの?」

この言葉は自分が困っているときに、それを先輩に質問した際にたびたび返されていた言葉です。自分は困っている状況をなんとかしたくて必死に状況を説明しているのに、この返答を返されると悲しくなります。

そんな返答をされる原因を考えると「困っている状況をただ説明しているだけ」であることに行き着きます。

つまり、質問を受ける側からすると状況説明だけされても、困っている状

もっとみる

「デザインのあるべき姿とは?(What Do We Want Design to Be?)」のメモと感想 / WHY DESIGN TOKYO 2019

先日、WHY DESIGN TOKYO 2019に参加してきました。

その中で、keynoteのKhoi Vinh氏(AdobeのSenior Principal Designer)の発表「デザインのあるべき姿とは?(What Do We Want Design to Be?)」について、エンジニアですがすごく感銘を受けたので、発表のメモと感じたことを書きたいと思います。

テクノロジーは世界を

もっとみる

【勉強会】 「第2回AtomicDesignについて考える会」の感想

はじめに

AtomicDesignの勉強会に参加しました。とても良い勉強会だったので、感想書きます。

発表テーマ

今回のテーマが「デザイナーからみたAtomicDesign、エンジニアからみたAtomicDesign」。

前回の会ではエンジニア視点の話が多かったとのことで、デザイナー、エンジニア両面からAtomic Designを考える会を目指したとのことです。

会のコンテンツ

19:

もっとみる

【読書】『ファクトフルネス』を読んで、世界を事実に基づいて正しく認識する方法を考える

目次

・チンパンジーより世界を正しく認識できていない人間
・知識不足だけが問題なのか?
・正しい理解を妨げる本能による思い込み
・自分の無知を謙虚に受け止め、事実を見つめる努力
・終わりに

チンパンジーより世界を正しく認識できていない人間

例えばこんなクイズがある。あなたは答えられるだろうか?

Q. 現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を終了するでしょうか?
A. 20%
B. 4

もっとみる

【読書】「塑する思考」から考えるデザイン

はじめに

デザインについて勉強するために「塑する思考」を読みました。デザインや仕事について色々学びがあったので、その感想を書きます。

目次

- はじめに
- デザインの役割
- 対象物を深く知ること
- デザインしないこともまた、デザイン
- 塑性的な生き方
- おわりに

デザインの役割

もともと「間に入って繋ぐ」のがデザインの役割です。

例えば、商品のパッケージであれば、商品内容をで

もっとみる

【書感】「宇宙の扉をノックする」を読んで、スケールの考え方が勉強になった話

目次

- はじめに
- 量子力学から導き出される摩訶不思議な世界
- 実社会でトンネル効果を考慮する必要があるか?
- 最も適切なスケールに注目し、不要な要素は取り除く
- 終わりに

はじめに

冬休みなので、仕事と直接関係のない本を読もうと思い「宇宙の扉をノックする」という本を読みました。

この本は素粒子、宇宙論といった物理学研究の最先端を一般の人に理解できる形で書かれた本です(2015年

もっとみる