デザイン初心者のはじめの一歩 ~ デザインの基本「②反復」

はじめに

前回の記事の続きです。今回はデザインの4つの基本の中から、「反復」について紹介します。

反復

(参考:誰も教えてくれない「分かりやすく美しい図の作り方」超具体的な20のテクニック

反復は、各グループの要素の特徴に一貫性を持たせることです。各グループの要素の特徴に一貫性を持たせることで、グループ内のそれぞれの要素の一体感がより深まり、組織的に整った印象を与えることが期待できます。

次に、実際の例を見ながら、反復についてか考えていきたいと思います。

反復の例 ~ ランチのメニュー

今回はランチメニューのデザインを作ってみました。

はじめのランチメニューのデザインは、内容はわかりますが、単にメニューを規則正しく並べただけで、非常に単調な印象を受けてしまいます。

一方で、反復を意識して作ってみたランチメニューは下のデザインです。

具体的に意識した点は2点あって、①メニューの中でグループを作り、見出しを付けた点です。そして、②各グループのデザインに一貫性を持たせた点です。この変更によって、グループの構造と一貫性が明確になり、より整った印象を受けるかと思います。

単に見出しをつけるだけでも、簡単に反復を意識したデザインになりますね!

反復の例 ~ アクセントを付ける

反復ではアクセントを付けることで、より反復が意識されるデザインになります。

例えば、アンダーラインを引いてみたり(左)文字の色でアクセントを付けてみると(右図)、グループ構造が明確になって、より反復を意識したデザインになると思います。

まとめ

今回はデザインの基本の1つである「反復」について紹介しました。

反復についてまとめると、以下のように自分は考えています。

1. 各グループの特徴に一貫性を持たせて反復させることで、個別の要素が一
    体化して、整ったデザインになる
2. 反復で意識する点は、一貫性のある特徴が視覚的により明確になるよう
    アクセントを付けることトを付けること

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献

ノンデザイナーズ・デザインブック / Robin Williams (著) 

やってはいけないデザイン/ 平本久美子(著)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます( ´ ▽ ` )
6

shinji.uyama

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。