【勉強会】 「第2回AtomicDesignについて考える会」の感想

はじめに

AtomicDesignの勉強会に参加しました。とても良い勉強会だったので、感想書きます。

発表テーマ

今回のテーマが「デザイナーからみたAtomicDesign、エンジニアからみたAtomicDesign」。

前回の会ではエンジニア視点の話が多かったとのことで、デザイナー、エンジニア両面からAtomic Designを考える会を目指したとのことです。

会のコンテンツ

19:00 開場
19:20 説明/会場スポンサーLT(株式会社エウレカ)
19:30 LT(15分)開始
20:00 LT(5分)開始
20:20 質疑応答(orパネルディスカッション)
20:55 フードスポンサーLT(アウルス株式会社)
21:00 懇親会
21:45 撤収開始
22:30 完全撤収

発表

1. デザインとエンジニアリングをつなぐコンポーネントの運用設計 / おすみ( @cawpea )さん

フロントエンドエンジニアのおすみ( @cawpea ) さんのお話。

チームメンバーが増えた際の認識共有は課題であり、そのための手段としてのDesignSystemsやコンポーネントの運用方法を解説されています。

しっかり運用されているのは凄いの一言です。定期的なメンバー内での認識を揃える会を設けるなど、メンバー内の対話を大事にしている印象を受けました。

また、この発表に関連した記事もあり、こちらもとっても参考になりました!

2. Atomic Designで意識したいこと inspired by FLOCSS /るきるき(@rukiadia)さん

フロントエンドエンジニアのるきるき(@rukiadia) さんのお話。

単一責任原則やYAGNI原則(将来役立つと思って作ったものは、だいだい無駄に終わる)などの一般的な設計原則はコンポーネント設計にも役立つと学びました。

3. Building Design Systems with Atomic Design 

フロントエンドエンジニアがRoleのでみ 🐣 🐥 ☃(@ooDEMi)さんの話

目的を意識してAtomicDesignについて話されています。

Atomic Designはコンポーネントの分類の役割を担っており、その分類の認識がデザイナーとエンジニアで共有されているか意識すること。

そして、認識の共有という目的のための手段としての、AtomicDesignという手段なので、手段が目的化しないような柔軟性が大事だと感じました。

4. Atomic Designの話 / OkinaKahiroさん

フロントエンドエンジニアのkahirokunn(@kahirokunn)さんの話。

Atomic Designをベースに、フロントエンドのコンポーネントベースのアーキテクチャにおいてうまく動作するようにアレンジされたAtomic Conponentsについて紹介されていました。解説記事もあるようなので、改めて勉強してみたいです。

5. Atomic Designとフロントエンドのインピーダンスミスマッチ / nrsさん

フロントエンドエンジニア, サーバーサイドエンジニアがRoleのnrsさんの話。

よくある「Atomic Designてシンプルだし、簡単そうじゃない?」からの「コンポーネントの分類辛い。。。」へと変わる過程がうまく説明されていて、すごく共感でした。あと、トークが上手だったので、すごく面白く行くことができました(笑)

また、最後に紹介されていたディレクトリ構成を階層化する対応は、自分も行っており、同じようなやり方に行き着く人を見つけられて少し嬉しかったです(笑)

6. Webサイト制作でのAtomic Designとの付き合い方 / やまかわたかし( @y_taka520 )さん

フロントエンドデザイナーのやまかわたかし( @y_taka520 )さんのお話(スライド見つからず...)

デザイナーから見たAtomic Designについての話を初めて聞いたので、とても参考になりました。

7. ユニークなデザインシステム改革 / 菊池 将史( @makiozamurai )さん

デザイナーの菊池 将史( @makiozamurai )さんのお話(スライド見つからず...)

「デザインシステムはブランディングの概念に近い」と述べられており、デザイナー視点の話は普段聞く機会が少ないので、すごく刺激的でした。

懇親会

懇親会では、今回のフードスポンサーをしてくださっているアウルス株式会社様より、寿司とピザを提供がありました。感謝感謝ですね!

パネルディスカッション

懇親会と並行して発表者が登壇し、質問に対してざっくばらんに議論をするパネルディスカッションがありました。LT発表者同士の会話も面白いですし、質問もできたりと、すごく良い時間でした。

感想

Atomic Designの目的はデザイナーとエンジニアのコンポーネントに対する認識を揃えるための手段ですが、そのルールに縛られ過ぎないのは大事だと感じました。手段が目的化しないような柔軟性は大事だと思いました。

また、Atomic Designはエンジニアだけでは成り立たず、デザイナーの協力が必要なので、しっかり対話するチームの仕組みを作るのは大事ですね。

という当たり障りのない結論で締めてしまいましたが、今後のAtomicDesignをチーム内で推進してこうと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、ありがとうございます( ´ ▽ ` )
19

shinji.uyama

Web Application Engineer / C++, Ruby, python, React.js, etc...

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。