岸壁ジギング・シマムラ的カラーローテーションの極意

真夏の最強メソッド【岸壁ジギング】。

基本的なやり方に関して、ブログの方に記事を書きましたのでご参照いただければと。今回はその岸壁ジギングのキモであるカラーローテーションについて解説したいと思います。


岸壁ジギングのキモはカラーローテーション。

メタルジグを落としながら前進していく、シンプルな釣りだけにシーバスとの出会いの確立を上げるために重要な要素となってくるのが、メタルジグのカラーローテーション。どんなカラーでも釣れる日もありますが、その日のアタリカラーというものも確かに存在していて、バチっとハマればそのカラーしか喰わないという状況に遭遇することが多々あります。

そんな「アタリカラー」を探す考え方、シマムラが普段考えてるカラーローテーションシステムを解説します。


カラーは大きく「4つの軸」で考える。

カラーローテーションをシステム的に考える時に、自分は大きく2つでカラーを分類しています。

この続きをみるには

この続き:2,139文字/画像13枚

岸壁ジギング・シマムラ的カラーローテーションの極意

島村 真司 Shinji Shimamura

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

島村 真司 Shinji Shimamura

大阪府在住。釣り人。コアマンフィールドスタッフ。大きい人。動く人。珈琲と読書が好き。目標はフルマラソンを走りきること。人生常にマイペースで前向きに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。