なかなか厳しい状況な大阪湾。その中でシーバスに出会うための考え方。

8月の大阪湾。毎年この時期はシーバスの釣果が少し落ち着いて、なかなか魚に出会うのも難しくなる季節。

各釣具店、渡船屋さんのHPを確認していただければ、極端に釣果が減っていることがわかりますし、SNS等においても然り。そんな状況下でもシーバスがいなくなった訳ではなく、少し考え方を変えることでシーバスに近くことは可能です。


シーバスの行動は人間のそれと一緒。

この暑い季節、暑い日中にみなさんは活動的になれますか?

しんどくて動きたくないですよね。それと同じでシーバスも暑い日中には動きたくないんですね。そこにヒントが隠されていて、そんな動きたくない時に自分が動く条件、動きたくなる条件を考えれば、自ずとシーバスに近づくことができるのです。

では、その具体的な条件とは?

この続きをみるには

この続き:799文字

なかなか厳しい状況な大阪湾。その中でシーバスに出会うための考え方。

島村 真司 Shinji Shimamura

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

島村 真司 Shinji Shimamura

大阪府在住。釣り人。コアマンフィールドスタッフ。大きい人。動く人。珈琲と読書が好き。目標はフルマラソンを走りきること。人生常にマイペースで前向きに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。