『新建築』5月号を評する─『新建築』2018年5月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!


新建築2018年5月号(Amazonはこちら
新建築2018年6月号(Amazonはこちら

評者:深尾精一
目次
●長崎県庁舎
●由布市ツーリストインフォメーションセンター
●周南市立徳山駅前図書館
●東京ミッドタウン日比谷
●日比谷シャンテ
●大倉本館(Okura House)
●濱江多目的センター
●hotel koe tokyo
●泊まれる公園 INN THE PARK,LIVE+RALLY PARK.
●東京クラシッククラブ クラブハウス,東京クラシッククラブ 森のクラブハウス・馬主クラブ棟
●元浅草の事務所,等々力の小さなシェアオフィス


長崎県庁舎

長崎県庁舎|日建設計・松林建築設計事務所・池田設計
撮影:新建築社写真部

長崎県庁舎は中層型の庁舎建築として,整形な部分と自由な空間の吹き抜け部を組み合わせた,ひとつの典型を想わせる建築である.

災害時対応などは,周到に計画されており,今,求められる庁舎建築のあり方を丁寧に解いているのであろう.ただ,解説文にあるような,「新庁舎自体が長崎観光の拠点となる」日のためには,ストックホルム市庁舎のように,もう少し,「建築」としての魅力がほしかった.
再び,庁舎建築のシンボル性に,眼が向けられてよいように思うのである.なお,長崎県警察本部庁舎など,関連施設について,データシートが掲載されているのに,その紹介がないのは不自然であろう.


由布市ツーリストインフォメーションセンター

由布市ツーリストインフォメーションセンター|坂茂建築設計
撮影:新建築社写真部

由布市ツーリストインフォメーションセンターは,機能の単純な建築を,集成材による二重アーチによって,単純ではない建築にしている.

決して大きな建築ではないので,誌面からは,少し大げさで煩わしいのではないかと感じさせる.4.5mのスパンをどのように決定したのかを知りたいところである.ただ,坂さんの建築は,写真と実物とで印象が異なることも多い.実際に行ってみなくては分からないのであろう.


周南市立徳山駅前図書館

周南市立徳山駅前図書館|内藤廣建築設計事務所
撮影:新建築社写真部


周南市立徳山駅前図書館は,図書館のあり方が大きく変化している時代にあって,その方向を,鉄道駅の今後のあり方と共に解こうとした計画である.

2層にわたる広く長いテラスが,そのひとつの仕掛けなのであろうが,図書館としての機能との関係が,いまひとつ読み取れなかった.日陰で使いやすい場所という解説にもかかわらず,強い日射しの写真が気になった.


東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷
マスターデザインアーキクテト:ホプキンス・アーキテクツ 
基本設計:日建設計(都市計画・デザイン監修) 
実施設計:KAJIMA DESIGN
撮影:新建築社写真部


東京ミッドタウン日比谷は,霞が関ビルディングが竣工して50年,三井不動産が力を込めて推進したプロジェクトに違いない.これに限らず,昨今の高層オフィスビルのファサードには,自由にデザインされたものが多くなっている.

しかし,設計者にとって,「いままでにないファサード」だけを求められるのは楽しい仕事なのであろうか.

ダンスをしているようなプリーツ状の曲線のドレープを,ユニタイズドのカーテンウォールをつくることによってつくり上げるというのは,それほど不合理なことではないが,内部からの写真を見る限り,ファサードが内観から独立して扱われてしまっているように思われる.また,低層部の軒高を100尺とし,旧三信ビルの外装デザインをモチーフにしたと記載されているが,1層の高さがまったく異なるため,日生劇場側からアプローチすると,かなり違和感があり,それは立面写真(94頁)にも現れている.

このプロジェクトの特徴となっている,南西部の一本柱で支えられた,えぐられた部分が,なぜこのようになっているのかの説明がされていないが,それなくては,このビルのデザインを理解することは不可能であろう.


日比谷シャンテ

日比谷シャンテ|竹中工務店 
撮影:新建築社写真部


日比谷シャンテ
は,東京ミッドタウン日比谷に隣接する,いわば一体の計画の改修プロジェクトである.既存ビルの曲線のファサードに合わせ,東京ミッドタウン日比谷の曲線の外観デザインが展開され,さらにそれに呼応するようにデザインが進められたという.異なる設計組織が街並みに関わるプロセスには,さまざまな苦労があったに違いない.

そのような中で,最近増えてきた鋳造アルミ合金によるレリーフを付加する手法は,ある程度コストをかけることのできる場合の改修手法として,今後もさまざまな試みがなされるのであろう.
ここでは, 2種類の菱形を基調とするパターンにサクラの花弁を浮き出させているのであるが,2種類の菱形は非周期的パターンをつくり出すペンローズ・タイリングの要素である.花弁が周期的に配列されているのが,ちょっと残念である.


大倉本館(Okura House)

大倉本館(Okura House)
大成建設一級建築士事務所(マスターアーキテクト) 
シルヴァン デュビソン(外装デザイン)
撮影:新建築社写真部


大倉本館は,テナントに合わせてデザインされた低層部に対し,高層部のルーバーのファサードが取り外し可能という「アタッチメントスキン」が興味深い. GINZA SIX(『新建築』2017年6月号)もそうであるが,新たな動きなのであろうか.半層の高さのユニタイズドカーテンウォールにユニット化されたルーバーが取り付いているが,スパンドレル部との取り合いが上手い.


濱江多目的センター

濱江多目的センター|青木淳建築計画事務所
撮影:新建築社写真部

濱江多目的センターは,その解説を読むと,なるほどと思わせるデザインである.が,青木さんの建築の評は苦手である.台北に行ってみなくてはなるまい.


hotel koe tokyo

hotel koe tokyo
谷尻誠・吉田愛/SUPPOSE DESIGN OFFICE
撮影:新建築社写真部


hotel koe tokyoは,ホテルとコマーシャルが複合した用途の建築であり,コンバージョンも可能となっている.これも新しい動きであろう.
客室の水回りのため,床仕上げ面を300mm上げているが,十分な階高の中で処理されている.天井高を抑えた客室もあるようであるが,さらに高階高を利用した空間づくりはなかったのであろうか.


泊まれる公園 INN THE PARK,LIVE+RALLY PARK.

泊まれる公園 INN THE PARK
Open A/馬場正尊+大橋一隆+伊藤靖治+三箇山泰
撮影:新建築社写真部

泊まれる公園 INN THE PARKは,いまや珍しくなくなった事業提案型の公共施設のリノベーションであるが,ほとんど何も変えていないのに,すっかり変わっているという,魔法のようなリノベーションである.さすが,Open Aの企画である.一級建築士試験の解答例のようなプランなのに,唸らせる内部写真というのは,広角レンズのせいもあるかもしれないが,やはりマジックなのであろう.宙に浮いた球状テントがマジックの道具として秀逸である.

一方,LIVE+RALLY PARK.は,公園の1年間の暫定利用プロジェクトで,マジックの小道具は,素人向けに売られている玩具のようなものであるが,運営の仕方こそが設計されたものなのであろう.


東京クラシッククラブ クラブハウス,東京クラシッククラブ 森のクラブハウス・馬主クラブ棟

東京クラシッククラブ クラブハウス
竹原義二/無有建築工房 プランニングワーク
撮影:新建築社写真部

東京クラシックラブ クラブハウスは,新しいタイプのゴルフだけを目的としないクラブハウスである.この設計者らしい素材の用い方で,カントリーライフにふさわしいハウスとなっているが,評者としては,本来の組積造のパターンとなっていない煉瓦タイルの用い方に違和感がある.

東京クラシッククラブ 森のクラブハウス・馬主クラブ棟
古谷デザイン建築設計事務所
撮影:新建築社写真部

一方,東京クラシックラブ 森のクラブハウス・馬主クラブ棟は,同じ敷地内に建つクラブハウスであるが,厩舎を含む建築であり,このようなビルディングタイプを経験したことのない身には,コンクリートの打ち放しが適切なのかどうか分からない.しかし,屋上緑化を含め,自然の中で素材感を活かそうという意図は十分に伝わってくる.ただ,「森の中の煉瓦」は安易であるし,こちらも,煉瓦タイルのパターンには違和感がある.


元浅草の事務所,等々力の小さなシェアオフィス

元浅草の事務所|松本悠介建築設計事務所
撮影:新建築社写真部

等々力の小さなシェアオフィス|今村水紀+篠原勲/miCo.
撮影:新建築社写真部

元浅草の事務所等々力の小さなシェアオフィスは,共に街角のリノベーションであるが,このようなプロジェクトは,ごく当たり前のことになっていくに違いない.評者らの首都大学東京のグループが15年前にストック活用の研究プロジェクトを始めた時に,ひとつのチーム(饗庭伸・西田司など)が神田の街に開かれたオフィスを構築したことを思い出す. 15年後に,この新建築の記事はどのように参照されるであろうか.



新建築2018年5月号(Amazonはこちら
新建築2018年6月号(Amazonはこちら


スピンオフ企画「#野生の月評」スタート!読者の皆様の感想や意見もお待ちしています.


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

新建築3月号発売中!特集:リノベーション14題!
14

新建築社

月評出張版

「月評」は前号の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評するという企画です.「月評出張版」では,本誌と少し記事の表現の仕方を変えたり,読者の意見を受け取ることでより多くの人に月評が届くことができれば良いなと考えております!
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。