note月評用6-7muraji

「選択可能性」の重要性─『新建築』2018年6月号月評

「月評」は『新建築』の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評する名物企画です.「月評出張版」では,本誌記事をnoteをご覧の皆様にお届けします!
(本記事の写真は特記なき場合は「新建築社写真部」によるものです)



評者:連勇太朗×松島潤平
目次
●「選択可能性」の重要性
●「説明可能性」を担保した児童施設
●未来に対して,何を価値として投影するのか



「選択可能性」の重要性

  6月号の特集対談では,保育施設に求められる役割が社会状況の変化と共に,複雑化し,そのあり方の転換の必要性が主張されつつ,一方で保育環境が持つべき独自の質についても議論されています.

つまり保育施設は,外部的要因である都市環境や社会ストックとしての視点と内発的要因である計画学的な視点の両面が重要と言えます.
今回は保育園(育良保育園,『新建築』2015年4月号)の設計経験があり,大学時代に児童施設を多く手掛けられている仙田満さんの研究室に所属していた松島潤平さんにお越しいただき,これからの保育施設を考える上で設計者としてどのような視点が必要なのか,議論していきます.

育良保育園|松島潤平建築設計事務所+桂建築設計事務所

大きな屋根(天井)に覆われた一室空間に,4層がスキップフロアで構成された保育園。屋根が架かった半屋外には1階と2.5階を繋ぐ大階段が設けられ,子どもたちは上足で施設全体を回遊することができる.保育園が建つ緑豊かな周辺環境を,スキップフロアの床の仕上げに投影し,各フロアには無垢材から混成,フェイクに至るまでさまざまな木質系素材を使用.大きな空間の下には,小さな子ども居場所もつくられている.

さて原広司さんの建築論壇にある「都市の緑化の鍵は教育施設にある」という池辺陽氏による教えは,今回の特集を読む際に示唆的です.
そのような視点で,プロジェクトを配置図で見比べると,保育環境の特徴や思想が読み取れます.外部空間との関係という意味では,周辺環境の変化に伴い移転した川和保育園は興味深いですね.

『新建築』なので建物に注目してしまいがちですが,庭も保育の場の中心としてつくられ,建物と一体で扱われていることに魅力を感じます.
子どもにとって環境は連続的なものだと冒頭の対談で指摘されていますが,ランドスケープとの一体化で,ここまで子どもたちが生き生きするのかと驚きました.一方,自由気ままに遊び回っている状況は,管理という意味ではドキドキしてしまいます.


松島  大人の安全管理が行き届く施設とするか,子どもの危機管理能力を育てる施設とするか.
後者は紋切型のバリアフリー批判を受けやすいですが,子どもを十把ひと絡げに「何もできない人間」と捉えて,能動性を奪うような意見には毅然と反論したい.

このジレンマをほどく上で重要なのは「選択可能性」です.
子どもたちの成長や状況に応じて,安全管理と危機管理のバランスを調整できるよう,領域を伸縮できるようなプランニングを考慮すべきですね.


  運営側にとっても,実際の使われ方を繰り返し検証するサイクルを構築することが大事だと思いました.大人も子どもから学ぶわけですから.

「ここまでやると危ないけれど,ここまでなら大丈夫」ということをノウハウとして固定化するのではなく,知恵として蓄積しながら空間も変化させていけるといいですよね.
川和では使い方に合わせて家具で空間を分節していくという仕組みをはじめ,トライアンドエラーを施設側ができるようにしておくという設計方針が,色分けした図面からも明確に読み取れます.


松島  多様な環境となると,すばる保育園も面白いですね.楕円と正円をぶつ切りにした上で融合し,さらに敷地境界線でぶつ切りにした不思議な平面です.

すばる保育園|藤村龍至/RFA+林田俊二/CFA

水田と神社の森の間に新設された鉄筋コンクリート造,平屋の保育園.S字カーブを描く平面により,大きさ・かたちの異なるふたつの園庭が生み出されている.ホール部に自由曲面シェル構造を採用することで,構造の合理性を導きつつ,北東に望む花立山と呼応する外観をつくり出した.

藤村さんの主張する「連続体」が,磯崎新さんの「切断」に通じるような延長線の強調で表現されています.
不定形なもので不均質さをつくるのではなく,切断した幾何学図形同士を自由曲面の屋根で貼り合せて並行世界を見せるような方法に驚きました.





「説明可能性」を担保した児童施設

  いわゆる「保育園」として語らせないところにこの建築の面白さがあるのかもしれません.建築論壇で「情景図式」として語られていることとも接続しそうです.一方,手塚さんのプロジェクト(むく保育園,Fuji赤とんぼ保育園)は配置図や周辺の写真を見ると周りから関係が切れていますね.

むく保育園|
手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所  大野博史/オーノJAPAN


弁当の製造・販売などを手がける企業による企業主導型保育園.お椀の形をモチーフとした円形の各室が軒を介して渡れるように配置されている.

Fuji赤とんぼ保育園|
手塚貴晴+手塚由比/手塚建築研究所  大野博史/オーノJAPAN


戦前・戦中は立川飛行機として陸軍用の飛行機を製造し,戦後は米軍による接収・ 返還を経て,今では不動産事業など,まちづくりに掛かる事業を行う立飛ホールディ ングス(2011 年設立)による企業主導型保育園.陸軍の練習機であった「赤とんぼ」に 着想を得て,複葉機を模した鉄骨造の屋根とデッキの2枚の平面で構成された建築.


松島  ふじようちえん(『新建築』2007年5月号掲載)を拝見した時にも感じましたが,手塚さんは強い図式をセットし,そこから内部発露的に多様な状態が生まれることを試みているのだと思います.

むく保育園
はふじようちえんの回遊性をクラスター型へと発展させることで,より図式が内燃化していると感じました.
明快な図式がそのまま建ち現れるような保育園建築というのは歴史的にもきわめて珍しいもので,手塚さんは児童施設に徹底した「説明可能性」を持ち込んだ初めての建築家のように思います.

6月号の後半のプロジェクトでは「子どもの感性を刺激する」という実際には検証し難い言説が散見されますが,手塚さんはそういったロジックを用いない.
子どもの行動に表出するものがすべてであり,「力いっぱい走り回れる」「見通しがいい」といった,「そうだよね」と答えるしかないことを重ねて,プロジェクトを邁進させるための説明可能性を凝縮した図式を用意しています.


  行動を誘発する図式性が企業のアイデンティティとセットになっているところがさらに面白いですね.
「企業のブランドイメージ」「建築図式」,円形であればグルグル回りたくなるし広い空間があれば走りたくなるといった「人間の行動原理」の3点をパッケージすることで時代にフィットした保育施設のつくり方を発明しています.


松島  少し気になるのは,説明可能性が選択可能性を狭めているのではないか,ということです.
ふじようちえんも今回の2作品も,回遊性への誘導や見通しのよさが強すぎて,成長に応じた行動範囲の拡張や,用意されたものを裏切るような新たな行動が生まれにくいような気もします.




未来に対して,何を価値として投影するのか

手塚さんと対照的なのは認定こども園 りのひらですね.

認定こども園 りのひら|レムニスカート+傳工房

南から北へ7mの高低差がある段状の不定形地に建つ幼保連携型認定こども園.西側の高さ3.7mの擁壁を背に,敷地の高低差に沿って3つのレベルを持つ園舎が園庭を包み込むように配置される.シュタイナーの教育理論に基づき,子どもの感覚を育てることと自由な意思の力を育む場を意図して年齢ごとに大きさ,高さ,形状の異なる教室を設けており,そのかたちが外観に現れる.

楽しそうで変化に富んだ場の連続です.
ただシュタイナー教育の理念をもとに単調な空間へのカウンターとして設計されたこの空間が,主張されている通りの「感性を刺激すること」にはたして必要十分なものなのか,というモヤモヤ感が残ります.


  教育理念と空間が一貫した体系のもとつくられていることは十分に感じますが,たしかに説明可能性は低いのかもしれません.
どうしても保育施設は,有効性の検証が難しい教育観,世界観,価値観と結び付きやすいのは事実ですよね.たとえば「子どもの成長にとっては無垢材がいいんだ」みたいな.


松島  子どもにとって天然素材こそがいい,というようなよし悪しをトップダウンで与えるような教育観は賛同できません.
むしろ,無垢材も合板もフェイクもフラットにある状態において,それらの「差異」こそが観察眼や好奇心を生む.
育良保育園でもそのような差異を意識的につくりました.その差異の観察を通して,個人がものの優劣を決めればよいのです.価値観を限定することは,子どもを漠然と最大公約数で捉えて低解像度に眺めることに繋がります.誰にも等しくヒットする空間を目指すよりも,いつかの誰かにヒットするトリガーや毛羽立ちを持った空間を用意する方が,子どもたちにとって誠実な態度だと考えます.

一方で,認定こども園 めごたまの金山杉の用い方は,地域の「われわれがつくった」というプライドがまっすぐに感じられてとても爽やかです.

認定こども園 めごたま|象設計集団

町の市街地にあった乳児部,幼児部が統合移転した木造園舎.金山の田園風景が広がり,南西に月山を臨む豊かな環境の中にある.地元の200年生にもなる「金山杉」を切り出し,720mm成の梁,φ=500mmの丸太柱を使用.森林組合や町の大工や町民たちが一緒につくり上げた

よし悪しという水準ではなく,地域の合理性と誇りが同期したものというのはやはり強いですね.同じように木造で,いろり,土間,縁側などを持つまちのこども園 代々木公園では,渋谷の原風景の再獲得が語られ,近代建築の要素が記号的にインストールされていますが,こちらは地域的な必然性が見えづらく,テーマパーク的な故郷感,そしてコミュニティを生む安定装置としての説明可能性の方が強く見えてしまいます.

まちのこども園 代々木公園|ブルースタジオ

国家戦略特区制度の活用により,代々木公園内,原宿門からほど近い場所に開設された木造2階建ての認定こども園.同制度で開設された公園内保育所としては都内では4例目となる.運営はナチュラルスマイルジャパン.公園との接点となるエントランスには「土間アトリエ」と名付けたコミュニティスペースを設け,地域に開かれた場所としている.東京大学大学院教育学研究科と「保育・教育・研究交流連携事業」を行うための拠点「The Children and Community Learning Center」(通称 CCLC)としても機能する.

ただ面白いのは,これがまったく子どもの施設でなくてもよいことです.公民館,高齢者施設としていつでもスイッチできる.つまり,子どもも公共人のひとりとしてフラットに捉えているような爽やかさを感じます.しかしながら,現代の公共人を繋ぐ場というのは既知の近代空間に回帰するしかないのだろうか,というモヤモヤ感は続きます.


  未来に対して,何を価値として投影するのかということですね.子どもの居場所をつくる際の根拠(外部環境,図式,教育理論,参加,文化的記号など)をどこに置いて,どのように説明するのか.松島さんが指摘する「選択可能性」が内包されるよう,根拠が複数存在する状態,そしてその根拠の有効性の検証可能性を担保しておくことも大切だと思います.
(2018年6月17日,青山ハウスにて 文責:本誌編集部)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご意見・ご感想もお待ちしております!
10

新建築社

株式会社 新建築社は、1925(大正14)年の創業・『新建築』創刊以来、月刊誌を中心とした建築関連の雑誌・専門書を発行しています。建築を様々な角度から取り上げ、新しい建築を求め誌面をつくっています。 https://shinkenchiku.online/

月評出張版

「月評」は前号の掲載プロジェクト・論文(時には編集のあり方)をさまざまな評者がさまざまな視点から批評するという企画です.「月評出張版」では,本誌と少し記事の表現の仕方を変えたり,読者の意見を受け取ることでより多くの人に月評が届くことができれば良いなと考えております!
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。