未来を拓くキャンパスのデザイン【彰国社】

日建設計/岩﨑克也 編著
B5判/152頁/3,000円+税

キャンパスの最新動向を分析し、キャンパスデザインを企画提案する、
大学施設担当者・建築設計者・関連メーカーの相互横断的な勉強会の成果をまとめた1冊。
これからの大学におけるキャンパスデザインのポイントを「地域に開く」「能動的な学修環境」「産学地連携」の3つに絞って考察している。

国内外のキャンパス事例を時間軸から読み取り,最新動向を分析することで,これからの大学に求められる学習環境,大学の枠組みを超えたオープンイノベーションの在り方を指摘している.
キャンパスデザインを企画・提案する大学施設担当者,建築設計者,関連メーカーの相互横断的な研究会をもとに,「地域に開く」「能動的な学修環境」「産学地連携」の3つ視点からキャンパスを見ることで,これからのキャンパスデザインの可能性を広げる.また,実際に著者が所属する日建設計が設計した都市型キャンパスを取り上げ,多くの写真と共に実践的な姿を映し出している. (szk)


出版社のウェブサイトはこちら

Amazonはこちら


掲載号はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

住宅特集3月号は特集「平屋という選択──風土と暮らしを繋ぐ床」!
9

新建築社

BOOKS─書籍紹介

建築・都市・まちづくりにまつわる書籍の新刊・近刊を紹介していきます(本記事は雑誌連載コーナー「BOOKS」の転載記事となります).週2回更新予定.また,本アカウント以外の紹介記事もピックアップしていければと思います!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。