shinichiro kinjo

webマーケティングを専門領域とし2011年からフリーランスとしてNHKやスタートアップ各社のマーケ支援を行う。2013年にBASEに入社し、様々な施策を通してBASEの成長に貢献。2016年に独立しokinawa.ioを設立。今は動画アプリを作っています。

アナロジー思考を持てば、毎日がアイデアの宝庫になるからオススメ

最近アナロジー思考について考えることが多いです。

アナロジー思考とは、具体的な物事を抽象化、一般化して、その本質的な仕組みを他の分野に活かせないか考える方法のこと。

まだ読んでないのですが、売れに売れているという前田さんの「メモの魔力」でも同様のことが書かれているからご存知の方も多いのかなと...

キッカケは「アナロジー思考」という本なのですが(そのまんまのタイトルw)、これのおかげで、日常

もっとみる

多様な価値観に溢れた時代、「有益性」から「共感」は生み出されるようになると思う

久しぶりすぎるブログです。最近なんとなく思っていることをサクッとまとめたいと思います。

インターネットによってブランド作りのハードルが下り、爆発的にブランドが増えている今、ブランド側はどのように人々の共感を生み出しファンを増やしていくか一層真剣に考えていく必要があります。

ネットショップが簡単に作れるBASEの最初のマーケターだったというのもあり、昔からたくさんのブランドさんを見てきましたが、

もっとみる

平均泊数は9泊!インバウンド観光客にまつわる数字について、ざっくりとまとめてみました

2012年から2桁%と非常に成長率が続く絶好調なインバウンド観光市場ですが、改めてその数字についてメモがてら振り返ってみたいと思います。

平成29年度の数字に関する観光庁のレポートがありましたので、こちらから抜粋して箇条書きにて紹介してみたいと思います(図はこのレポートからの引用です。)。

訪日外国人旅行消費額:4兆4,162億円

訪日外国人の旅行支出 153,921 円/人

旅行消費額の

もっとみる

決済、資産運用、ローン、信用評価など、フィンテックド真ん中を行くアント フィナンシャル

中国に遊びに行ってからというもの、中国のIT事情にハマりまくっています(笑)。

その中でもやっぱりアリペイを運用するアント フィナンシャルは桁違いだな〜と思う点が色々とあるのでご紹介。

世界でもここまで「ザ・フィンテック企業」と呼べる企業はないのではないでしょうか。一時、ゴールドマン・サックスを超える時価総額まで達するところまでいっていたのが、アリババの傘下で設立からまだ14年ほどのアントフィ

もっとみる

ハイプ・サイクル2017の黎明期にある3つのテクノロジーについて

毎年恒例のガートナー社によるハイプ・サイクルが発表されました。

テクノロジとアプリケーションの成熟度と採用率をグラフィカルに表示したものです。

あらゆるテクノロジーは以下の5つのフェーズを得て、一部受け入れられるものだけが、安定期へと駒を進めます。

1.黎明期
2.流行期
3.幻滅期
4.回復期
5.安定期

例えば2009年のハイプ・サイクルの流行期では以下のようなものが
ありました。

もっとみる

1位は5.5兆円の滴滴出行!中国のユニコーン企業トップ10(2017年夏版)

VALU(https://valu.is/shinkinjo)用のコラム記事を更新です。VALUは1000文字までなので、noteにて公開...w 

決済領域をはじめ、日本以上に街中にテクノロジーが浸透しているという中国のリアルを感じるため、8/9(木)から上海に行くのですが、この機会に中国で勢いのあるスタートアップをまとめてみました。

以下は中国の未上場企業の時価総額ランキングとなります。

もっとみる