見出し画像

それでも、まだ先のことはわからない

たまにこのノートを見つける人がいて、❤️がつく。

ここに書いたように、私がイラストレーターとして少しづつお金がもらえるようになったのは35くらいだった。遅いけど、私にとっては全然遅くない。

日本で無名の美大を出て。美術の職とか諦めていたので、普通に働いて。

旅行して。結婚して30で子供が生まれて。イタリアに移住して。

産後なのか、環境の変化のせいなのか落ち込んだりして(その辺もnoteに書いてるけど、掘るのが面倒なので、そのうち探します)。

で、収入のない辛さを味わい。

そこから、自分の能力と環境(言葉ができない・子供が小さい・預け先がない・体力はある・手先は器用)から残った、大げさに言うと、唯一の希望が「絵を描いて収入を得る」ことだった。

他に方法がなかったのだ。

ランサーズとかクラウドワークスとかで、いろんな案件に応募しまくった。

こうしたサイトがイラストレーターの価値・単価を下げているという声も聞くけど、そこから始めた私としては、サイトの存在が私を助けてくれたと思っている。

最初は鉛筆で描いて写真をとって色ぬりをして。酷いものだった。

データのことがわからず、うまく応募できないこともたくさんあった。本当に手探りで、ネットと本から全ての知識を学んだ。

だから失敗もたくさんあった。次の仕事に繋がらなかったときは、「ああ何かを失敗したんだな」と思った。なんども思った。確認の方法は無かったけど。

(だから、最初からフリーじゃなくて、どこか会社に入って業界のルールみたいなの学んだ方がいいよっていうのには大賛成。でも、まぁできないときもあるし。)

イラストレーターになると決めた頃からブログをかくようになり、しばらく休んで、noteに移った。いつでも宣伝のためにやっている。仕事の依頼待ってます。漫画も描きます。(大事だから太字)

そんなわけで、人の目に止まろうとたくさん文章とか漫画とか書いた。書くことがなくなっても、いろいろ書いた。私のnoteの文章は黒歴史を語っているものばかりになった。

最初は、はっきり言って恥ずかしかった。30半ばになってからイラストレーターになりたい!かよ。とか。今さら、4コママンガ描いてるって。とか。

でも、技術も特徴もない私が書けるできることといえば「私はこういう人です。」ということだけだった。(それが仕事に役に立っているのか?と聞かれたらよくわからない)

それでもいいこともある。

noteでコンプレックスも晒してしまうことで、ちょっと生きるのが楽になった。「この程度の人間ですから」と先に開示しておく感じ。期待されてて後からバレるよりいいかなと。

noteを読んでるという人には対しては、「あ、読んでるなら、いろいろバレてるからできる人の振りとかしなくていいか」と思える感じ。

まとまらないけどまとめ

こんな風にnoteに文章を書いたり、漫画を書いたり、イラストを載せたり。人に見られる場所に出すということで、自分を整理していたのだろう。こうなるんだって自分の覚悟を決めために。

で、もし何かをやりたくて、でもなぁって悩んでいる人がいたら「note書いてみたら」っていうかもしれない。できれば期間を決めて毎日。自分への言いわけから逃げるために。そんな相談されたことないけどな。

書いたって、全く反応がないとかある。ほとんどそうだし。でも、表に出すということには、自分にとってなんらかの作用があると思うから。

だって、私なんてnoteを毎日のように書いてて、いつの間にか漫画家目指してるんですよ?すごくないですか。cakesに載せていただいたのも、noteの漫画をみてもらったからからだし。

これをうまく漫画でかければいいんだけど。つい文章で書いてしまうところが、私のまだまだこれから頑張ろうなのところだな。

だって漫画めっちゃ時間かかるんですよ。。

おわり

サポートで美味しいコーヒーを飲んで頑張るので、よかったらお願いします!

この続きをみるには

この続き:0文字

それでも、まだ先のことはわからない

ワダシノブ/Illustrator

100円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

シェアしていただけると、とても嬉しいです。全部みていますので!

スポーツジム入ってます?
163

ワダシノブ/Illustrator

イラストとマンガ。🇯🇵→ 🇮🇹。昼の友は📻とNetflix。合気道とBTS。 tw@shinoburun Manga) https://comici.jp/users/shinoburun/ insta@shino.img

文章

3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。