理由を説明する必要ないし、知る必要もないって話

どうやら私たちは説明が好きらしい。というか、説明したことを100%(とまではいかなくても・高い精度で)理解してほしいと思っているらしい。

というのも、こんなことがあった。

友人宅で日本に旅行したイタリア人を集めて「日本の面白かったところ」を聞くというイベントをした。

その時に数人から上がったのが「分からないもの・ことがあって質問したら。日本人が説明してくれた。でも、結局どういうことなのかよく分からなかったんだ。だけど、こっちが分からないなって顔をしていると。説明がずっと続いて。いろんなものを持ってきたりして。日本人ってほんと親切だよねー」

踏み込んでいうと。私たちは親切というよりも、間違えたくないだけだ。間違った説明は悪。正しい説明を正しく受け取ってもらいたいのだ。

で、これのどこが面倒なのかというと。

日常生活においても私たちは説明したガール、なんでも理由が必要ボーイになっているのだ。ガール・ボーイの妥当性は置いといて。

有給を取るのに理由を書き。学生時代は遅刻理由を書かされ。電車の遅延証明書を並んでもらい。何でも正当な理由が必要。常にちゃんとした説明がないとダメ。なんでも説明できるべき。

しかし、それって本当に必要?と思う。

実は、私が友人に「〇〇に参加できない理由(日にちがとか。その日はXの予定が入っていて)」みたいなことを伝えようとして、夫(イタリア人)に「行けないから。で止めない?」と言われることが多々ある。

私は説明しすぎらしい。

夫は、「その日はムリー(ムリカベ)」で終わる。私は「その日は〇〇でXXだから、行けない」と言いたがる。

行きたくない・やりたくない・したくない はワガママじゃない。

行けない理由は気が向かないからだ。他にやりたいことがあるからかもしれない。それ以上でもそれ以下でもない。NOと主張することは悪いことじゃないし、それを説明する必要はない。

NOの理由をいろいろ説明しようとすると、嘘をつく必要もでてくるし、逆に相手に不快を与える危険性も上がる。(例・そっちの用事の方が私より大事なの?的な)だから、できないことへの説明不要と彼はいうのだ。

説明しすぎ問題は、自分が受け取る側のときのちゃんと説明してほしい!問題もあって。

相手が「その日はムリ」となったときに、「どうして?」「その理由は?」と聞くという野暮なことをしてしまうんですよ。

そんなのって、ねぇ。プロジェクトの進捗情報でも、親でもあるまいし。自分の心の狭さを露呈するんですよ。。

だから、ちっちゃいことでもいいから。「それはムーリー。」って自分を優先しません?説明はしなくていいんで。

ロワンデイシーで働く河合くんのように・・


正解ずきについてはこんなことも書いてました↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

シェアしていただけると、とても嬉しいです。全部みていますので!

TEDTALKみて賢くなった気になったよ
98

ワダシノブ/Illustrator

イラストとマンガ。🇯🇵→ 🇮🇹。昼の友は📻とNetflix。合気道とBTS。 tw@shinoburun Manga) https://comici.jp/users/shinoburun/ insta@shino.img

コメント14件

ayakoさん 相手の気持ちって聞かないとわからないけど、勝手に想像して決め付けたりもしちゃうよねー
決めつけが一番怖いね
そう。つい、家族でも友人でも「こんなんだろ」と決め付けると相手を傷つけることがあるよ。というか、傷つけた。
すごーくわかる。私は説明したがるのは自分に自信がなかったり、不安だったりするからみたい(笑)やっぱ嫌われたくはない…が勝っちゃう。んぎゃーw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。