そのXは「YES」なのか「NO」なのか

もうじきイタリアでは選挙です。こちらでは、インターネットでの政党広告が許可されているので、YouTubeでも政治家のコマーシャルが沢山入ります。

こちら、イタリアの民主党のCM。

車内 お父さん「民主党には投票しない」
自転車で横付けする男性(民主党書記長 マッテオレンツィ)「ほんとにほんと?考えてよ」と言って去っていく

そして↓こっちが すぐに作られた PDのパロディコマーシャル。去っていくレンツィまでは同じ。そこから車は急に向きを変え自転車をひいて去っていく

街には政治家の顔写真や政党名を書いたポスターも貼られています。日本の告知ポスターよりもひとまわりもふたまわりも大きい。そして、歩道ではなく車道に向かって貼ってあるのも特徴。

↓こんな感じ

初めて見たときはポスターに違和感を感じました。理由は大きくつけられたX。

政党名の上に大きくXとあったら、「何これ、嫌がらせ?」とか思いません?Disかと思ったら違っていました。

それはYESのX。

イタリアの投票用紙は記名ではなく、政党名のところにXをつけるのです。(私は選挙権がないから、選挙権のあるイタリア人から聞いた)

だから、選挙のポスターも自分にXをつけて!とばかりに、政党名の上に大きく時には赤でXがついてるんだって。

来週の日曜が選挙です。

イタリア選挙こぼれ話。

小学校の校舎というか教室が選挙会場になるのでいろいろ起こります。

1)教室内には政党の色(例・社会党だったら赤とか)の張り紙をしてはならない。お絵かきとかも色を使ったものは全てとる。

2)選挙の片付けがあるから、月曜も学校が休み。クラスによっては金曜日も午後休み。日曜の深夜まで体育館とか片付けてる日本のみなさーん。。。お疲れ様です。

日本の在外選挙についても思うとこあるので書きたい。。。。。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

シェアしていただけると、とても嬉しいです。全部みていますので!

TEDTALKみて賢くなった気になったよ
34
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。