週末ロシア料理・ブリヌイ

先週、「洋風炊き込みご飯・プロフ」をつくってから

夫が「やっぱりロシア料理チックなごはんはいいね♪」とよろこんでいたので、ああそうだ、ついつい手がかかるイメージなので、これまであんまり作らなくてごめんよ、日本にきてもう25年、往復にもお金かかるからあんまり里帰りもしてないし、以前より周囲にいるロシア人減ったしさみしいだろうにごめんね、もうちょっとロシア料理つくる機会を増やそう…と心掛けまして、以前から「つくろうつくろうつくろう」と夫が言っていたブリヌイをようやっと、きょう土曜日つくりました。

ようするに、クレープです。
でも、フランスのクレープよりかは、すこし生地が厚めな印象。これも、生地の材料や大きさ、厚さは各家庭好みによって異なりますが、今回は生地の材料・分量はこのサイトを参考にして、アレンジに牛乳の半分くらいをヨーグルトにしました。ヨーグルトのかすかな酸味が、生地に奥行きと深みを与えてくれるのです。

鉄のフライパンを煙がでるくらいに熱して、夫がどんどん焼いていきます。隣では娘がスタンバって、お皿にあがってくるブリヌイの両面に溶かしバターを刷毛で塗っていきます。きょうはそこまで生地のタネ量がなかったので10枚程度。いただきます!

包む具は、おかず系か甘いもの系です。きょうは、おかず系が家族の「いますぐつくろう!いますぐ食べたい!」欲に間に合わなかったので、スメタナ(サワークリーム)、ブルーベリージャム、いちごジャム、はちみつでいただきました。

あとでひとり、買っておいた九条ネギと合いびきを粛々と炒めて塩コショウ、一枚だけ残ったブリン(ブリヌイは複数形、1枚の場合は「ブリン」)で巻いて食べました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。精進します。
6

しのぎん

食べるのだいすき

料理が好きなのではなく、食べるのが大好きであれこれ作ります。ここでは、食べたもの、作ったもの、その道具について綴ってゆきたいと思います。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。