【匂い】俺の。ver.

洗面所の棚に男性もののオーデコロンの瓶が増えている。
彼が昨日買ってきて、

「・・・これ俺の匂いにしたから。覚えて」と私に嬉しそうに見せたものだ。

何気なく手に取って、軽く嗅いでみる。

「〰!!」
思わず頬を抑えてしまう。
脳に直接届く刺激的な匂い。顔が火照って頭がクラクラする。

ーゆうべこの匂いの中で、抱かれたから。

どうしよう。きっとこの匂いを嗅ぐ度に思い出してしまう。

彼はインプットという言い方をしたけど、私は少し違う。
これは【記録】だ。
身体に、彼の匂いとセットで記憶が刻みつけられてしまった。

「・・・どうした?」
戻りが遅い私をきにして、彼が見に来た。やば。
慌てて瓶を元に戻す。

「なっ何でもない・・・です」
どうしよう、目が合わせられない!

「・・・ふぅん?」

慌てて部屋に戻る私に。得意気に彼はこう言った。

「俺の匂い、身体で覚えた?」

「!!」

ーあなたは一体どこからそーいう言葉を覚えてくるの??

ーfin

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ワンライお題シリーズ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。