はじまり

取引先でもあり友人でもある方から「スタートアップ企業を立ち上げる。CEOもCSOもいるけどCOOがいないんだ。」と言われボートメンバーに誘われた。信頼のおける方だし能力も十分にある方だが即決するほど自分は若くない。お互いのためにも試用期間を設けましょうということで暫くお手伝いをさせていただくことになった。現状を客観的に説明するとこんな感じ。

独立志向もなくできれば大きな会社で自分の好きな仕事をしながら生きていきたいと思っていた自分にとってはスタートアップの立ち上げに参画するなど微塵にも思っていなかった。しかし心の中ではワクワクする気持ちが大半を占めている。気持ちの高まりを抑えて冷静になるためにも今ある仕事との折り合いの付け方を探る時間を作るためにも今後の身の振り方を考える意味でも必要な試用期間だと思っている。

自分自身は現場をまとめる仕事はとてもやりがいがあり天職のような気もしている。それ故に腰を据えて自分のメソッドを検証しブラッシュアップしていく良い機会を与えてもらったと感謝している。

これから起こる様々なことを記録していくためにも自分なりの考察をまとめるためにもこの機会に新しいnoteを開くことにした。立ち上げとはいえ既にスタッフはそれなりにいるので先ずはそれぞれのスタッフに話を聞きながら直近の方針を考えてみたいと思う。

1日があと24時間あったらあと24時間仕事したい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Shin Takeda

スタートアップの育て方

ノウハウ系のマガジンではありません。若手のスタートアップ企業を世界で戦える集団にするために試行錯誤している様子をお伝えするマガジンです。自分にプレッシャーをかける意味でも週報的な位置づけで執筆しております。ご了承ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。