Shinya Miyazaki

なんでも編集したい。カルチャーエディター志望。書店やライブラリーをつくるブックディレクターもやっています。

(読書メモ)『キリスト教講義』若松英輔+山本芳久

noteはどうしても真面目に書こうとしてしまうので、もっと適当に書こうと思います。「読書メモ」はなかなか読書の時間が取れないので1日30分と決めて読んだ内容のメモです。厳密ではないのでご了承くださいませー。

読書初めは『キリスト教講義』若松英輔+山本芳久。

01|なぜ書いた本なのか?

本書を書いたきっかけ(厳密には対話だけど)は、キリスト教徒である二人が「キリスト教の教えは、それを必要とする

もっとみる

日本版バカロレアの哲学試験をつくってみる?(後編)

前回、フランスのバカロレアの哲学教科について説明しました。

概念リストや著作者リストなど、教育省にしっかりと学ぶべきリストがまとめられていました。では、それを見習って日本版を作ってみましょう。

フランスと同様に(1)概念リスト、(2)著作者リスト、(3)指標リストに分けて考えてみます。

(1)「概念リスト」を用意する

日本の哲学や思想において重要な概念とはどういうものがあるのでしょうか。ぼ

もっとみる

カルチャーエディターへの道!

2018年10月31日、8年間勤務した会社を退職しました。

これまでいろいろと転職活動をする中で、たくさんの企業の人と自分のやってきた仕事の話をしました。転職そのものというよりも、「いままで自分がやってきたことはなんだろう」という振り返りが目的で、カジュアル面談と称して、人事の人や声をかけてくださる人と話しまくり、いまさらながら、ここ半年ほど「自分探し」的なことをやっていました。

そんな中、あ

もっとみる

ユクスキュルの実験が斬新すぎる件

みんなの必読書・ユクスキュル!
「環世界(Umwelt)」という考え方を生み出した生物学者ですね。

なんとなく名前は知ってても、なかなか原著は読めていなかったりするので、今日はユクスキュルの『生物から見た世界』をご紹介します。

1.ユクスキュルって誰?

まずはユクスキュルについて、こんな人です。

ヤーコプ・ヨハン・バロン・フォン・ユクスキュル(Jakob Johann Baron von

もっとみる

仏像にはUXの秘密が詰まっている

先日、京都の東寺に行って、初めて「立体曼荼羅」を見て、仏像にハマってしまいました。空海が曼荼羅の世界を「立体=仏像」で作り上げたものですが、その圧倒的な迫力に、まさに仏教アベンジャーズばりの凄さがありました。「世界よ、これが仏像だ」です。

そんな仏像に興味をもって、いろんな本を読み始めたなかで、仏像づくりの秘密がすごすぎるので、ここで紹介したいと思います。仏像にはたくさんのUX(ユーザーエクスペ

もっとみる