Vloggerを支える存在、サービスを。

僕には、タレント性がない。

悔しいし、認めたくないけど、タレント性がない。

国内外で人気のVloggerの多くには、タレント性があり、キャラがある。

でも、僕にはそれが圧倒的に欠けている。

別に諦めた訳でもないし、これからもVLOGは撮り続ける。

ただ、自分のことは分かっているつもりで。

たぶん、このままVLOGを発信していても、人気になることはない。

でも、、、

何かしたくて。VLOGで人生が変わった僕にしか出来ないことがあるんじゃないか?って問いかけた。

・VLOGを見るのが好き
・VLOGで人生が変わった
・VLOGについてブログなどで発信している

こんな僕にしかできないことって何だろう?と。


ここで気づいたんだ。

VLOGをやっている人はいても、VLOGの価値や可能性について発信している人は自分しかいない、、、と。


それから、「VLOGをもっと身近に。」というキャッチコピーのもと、VLOGエバンジェリストという謎の肩書きを名乗ってSNSを中心に発信活動を強化させた。


そして、発信を続けていくと、自分がやるべきことが明確になってきた。


Vloggerを支える存在になりたい。


Vloggerを支える存在に

これだ!って思った。直感で。

YouTuberには、事務所があり、メディアがあり、支える人がいる。

でも、それがVloggerにはない。

だから「おれがVloggerを支える人の第一号になろう!」って思った。


そこから、どうやったらVloggerを支えることが出来るのか?考えた。


そこで、まずやろうと思ったのが、「VLOG特化型メディア」だ。

僕は個人ブログを1年くらいやってきて、たぶん数あるブログの中では、それなりにアクセスのあるブログに育ててきた。

そんなメディア運営の経験を活かして、今すぐにできることだから、まずはそこから始めてみようと。

VLOG特化型メディアを通じて、Vloggerを支えることができれば最高だし、Vlogを始めるきっかけを作るメディアにもしていきたい。

このメディアは、石川県滞在中に立ち上げます。

Vloggerを支えるサービス

Vloggerを支えるサービスも作りたい。

メディアもサービスの一種だけど、他にも沢山のアイデアがある。

・Vloggerと企業のマッチングサイト
VLOG特化型SNS

などなど。

まあ、まだ妄想段階だけどね。

やりたいことはいっぱいある。

僕一人じゃできない

でも、これらをやろうと思っても、僕一人じゃ絶対にできない。

だから、このまえ「ゆる募」した。

そしたら、思いのほか反応がありビックリ。

それと同時にVLOG事業の可能性を感じた。

自分ひとりじゃ無理かもしれないけど、同じ志を持った人と一緒になれば、おもしろいサービスが作れるかもしれないね。

あ、これに応募してくれた方...もう少し待っててください!!!現在、絶賛仕組みを構築中なので、そのうち、何かしらの報告が出来ると思います。

諦めたわけじゃない

冒頭で僕にはタレント性がない・・・と言いました。

でも、僕はビデオブロガーとしての活動を辞めるつもりはないし、人気になることも諦めていません!!!(笑)

僕にしか発信できないVLOGがあるし、僕自身がVloggerとして活動しなくなったら、それこそ終わりだと思ってる。

それに、最近では「クオリティ上がってるね!」という、ありがたい言葉も頂き、嬉しい限りです・・・!

僕にしか描けないストーリーをシェアしていくので、ぜひ見てみてください!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このマガジンのテーマは、ビデオブロガーを繋げるマガジン。絶賛、「VLOG」に関する寄稿をお待ちしております!

読んでくれてありがとん
7

Shin / VLOGエバンジェリスト

VLOGをもっと身近に。「VLOG」の価値を研究しつつ、気軽に「日常」を動画で発信できる環境を作るため活動中!noteでは、主にVLOG事業について語ります。

VLOG関連事業のすべて

VLOG関連事業を開発するにあたっての記録や情報共有、アイデアのアウトプットを発信します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。