たがみしおり

ソウルドアウト株式会社 LISKUL編集部https://mobile.twitter.com/shioliskul

Twitterアカウント開始して2年間を振り返る

新卒時代にアカウントを作成してから2年が経ったらしい。
(そもそも入社からもう3年目なのか…)

いちいちアカウントを作成したタイミングなんて覚えていないけれど、毎年律儀に通知してくれるTwitterの仕様はなんだか良いなあ~と毎年思っている気がする。

昨年はTwitterをやってみての振り返りnoteを書いた。

今年もTwitterを運用してきた1年間を振り返ってみようかなと思い、書いて

もっとみる

「ツイ廃には当たり前」すぎて見逃しがちな個人Twitter3つの運用方法

最近、知り合いの方が次々と個人名でTwitter運用を始めている。
そのたびに「どうやって運用していけば良いか教えて」と聞かれる。

私自身は学生時代からインターネットが大好きでTwitterに親しんできた。
今もただインターネットが好きで、その中でもゆるく人とつながれるTwitterはお気に入りのSNSだ。

だが「運用の方法」を聞かれても、私はもともと自分のことを話すのに抵抗がなく、Twitt

もっとみる

【イベントメモ】DOUBT! THE MARKETING.~そのマーケティングを疑え~

5月17日(金)にヤフー株式会社が主催するYahoo!DOUBT! THE MARKETING.~そのマーケティングを疑え~に参加させていただいた。
その際のメモの整理がやっと終わったので、noteに共有。

※ちなみにツイッタラー枠としての参加だったにも関わらず、報道関係者としての扱いを受けて非常に申し訳ないような気持ちになった。

■Opening Remarks 代表 宮澤さんのお話

20

もっとみる
Twitterでシェアして感想もらえると、さらに嬉しいです。
10

平成の終わりとSMAPとSMAPが好きなだけの私

平成が終わる。

昨日録画したミュージックステーションを、GW初日の昼下がりに見た。
平成最後のMステの放送ということで槇原敬之が番組のトリとして、平成で1番売れた曲となった「世界に一つだけの花」を歌っていた。

ちなみに売上2位はTSUNAMI、3位はだんご3兄弟らしい。

世界に一つだけの花は、今や日本人なら知らない人はいないであろう。
学校の音楽の教科書にも載っていたし、カラオケでは多くの人

もっとみる

資料ダウンロードによるリード獲得は、合コンでの恋人探しに似ている気がする

「合コンってコスパ悪いし、非効率だよね」という話をよく耳にする。
学生時代には私自身もそう思っていたし、合コンで恋人ができた誰かの話を聞くと「そんなことあるんだ」なんて驚いていたくらいだ。

IT会社に勤めて3年目、仕事だけではなく日常におけるさまざまなものをマーケティングとして捉える発想が身についた。
「恋愛」もマーケティングを実践できるひとつの例だと思う。

日常におけるマーケティングを考

もっとみる

気遣いが必ずしも美徳ではないと学んだ話

昔から、「チキンライス」という曲が好きだ。
クリスマスシーズンに耳にする人が多いであろうこの曲を、私は季節に関係なく聴いている。

その中で、特に好きな歌詞が以下の部分だ。

子供の頃たまに家族で外食
いつも頼んでいたのはチキンライス
豪華なもの頼めば二度とつれてきては
もらえないような気がして

親に気をつかっていたあんな気持ち
今の子供に理解できるかな?

この歌詞は裕福ではない子供時代を過ご

もっとみる