古い電車

古い電車に乗りました。周りが田んぼの、真っ暗な中を行く電車。がたごとがたごとと音を立てる電車。

あまりにも音を立てるから、「大丈夫です。急いでないんで」と声をかけたくなるような電車。

本当に急いでなんかなくて。このまま夫の待つ家に帰って寝るだけだから。

これだけ暗い夜の中を、明るい光に包まれて進むのは、なんだかホッとした気分になります。

がたごとがたごとという音で、実家のことを思い出しました。実家の両親を思い出しました。

#廃線 #電車 #三岐鉄道 #ショートショート #短編小説 #現代詩

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

一口Chocolate

kindleで出している『Chocolate』の一口バージョン。 ほんの暇つぶしにどうぞ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。