文章力の基本は「正しい要約が返ってくること」

もちろん日々「読者を楽しませる・満足させる」ことも大切にしながら文章を執筆しています。

でも、私が一番「文章力」の基本と思っていることは魅力的な文章を書くことではありません。

第三者に「要約して」と頼んだ時に、こちらの意図した通りの要約が返ってくること。

これが「文章力」を考える上で最も重要なことだと私は思っています。

作家としての「技術」つまり文章力を見る時には「伝わる書き方をしているかどうか」を見なければなりません。

だから「面白いかどうか」「魅力的かどうか」という議論は「技術」の話をする時にはずれてしまう。面白いだとか魅力的だとか満足するだとか。そんなものは所詮個人の感想でしかありません。「技術」の指標にはなりません。

だから自分の文章を第三者に「要約して。私が何を言いたいのか分かる?」と尋ねて、返ってきた返事に文章力の評価が含まれていると思っています。筆者の意図した通りの答えが返ってきたら「文章力がある」ということだし、そうでなければその逆ということ。

「要約して」に求める回答は「面白い」ではない。

もちろん作家として魅力のある文章を書くことは大切ですが、「魅力の有無」は「技術の有無」ではありません。

私は自分の文章力について省みたくなった時には信頼できる人に「要約してみて」と頼むようにしています。






「有意義な暇つぶし」をモットーに定期購読マガジンを発行しています。

クレジットカード支払いであれば初月は無料でお読みいただけます。お気軽にご覧いただければ幸いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

作家のつぶやき

作家としての日記。