SHIPマガジン〜地域包括ケア時代のコミュニティリーダー〜

7
ノート

明日も生きる自分との約束:幡野広志さんトークイベントから

6/23、幡野広志さん・糸井重里さん・古賀史健さんによるトークイベントのため三省堂池袋本店に...

100

町なかでコーヒーを奢るコミュニケーション論。

5月末に『がんを抱えて、自分らしく生きたい』という本を上梓した。 当初、この本に載せよう...

「医療事務はコストセンターか、プロフィットセンターか」問題について

病院にとって医療事務とは、どんな存在か 先日、精神科医の三木 崇弘先生がこんなnoteを書か...

竹林寺納骨堂へ

訪れた建築のメモとしてのnoteです。  先日、高知へ行った際に、堀部安嗣氏の設計した竹林寺...

どうして売り上げを全額寄付するのか。

5月末に『がんを抱えて、自分らしく生きたい』という本を上梓した。 医療者にも読んでほしいが...

本で遊ぶ~本の可能性を広げる3つの仕掛け

5/28に、私の新刊『がんを抱えて、自分らしく生きたい』が上梓されました。 この本は、がんと...

本はリレーする

本はリレーする。 幡野さんと宮下さん と高願寺にて「安らかで楽な死」について対談してから...