見出し画像

久しぶりに泣いた日

今週、教授である主治医の退官を知った。
3ヶ月ごとの検診のたびに内診台のカーテンの向こうからかけてもらっていた「あなたは奇跡みたいだね」という声をもう聞けない。

「あなたの細胞には、放射線も化学療法も効かないんだ。だけど、命をつなぐことを第一に考えるから」そう言ってくれた主治医。この4年間の間に交わした会話のすべてが一気に記憶からあふれだしてきて、採血室でぽろぽろと涙が止まらなかった。

今まで囚われていたものをようやく置いていく気持ちになれたから、この話題でnoteを書くのは最後にします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とても嬉しいです💕
1

白鳥 桃子

■リテール&年金&金法向け金融商品のマーケティング / NPO確定拠出年金教育協会立ち上げ■2児のママ■#議論メシ ■noteでは次のチャレンジについて綴っていきます twitter:@white_peach_27
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。