小児医療情報

6
ノート

パパ世代にクーポン配布!風しん流行拡大を防ぐため、今できることとは?

1.風疹の流行が止まりません。流行の中心である40代~50代男性に、順次、ワクチン接種などができる無料クーポン券が配布されています。「ウチにも届いた!」という方もいるのでは?流行を止めるために、今、何が必要なのでしょうか?
https://note.mu/shirou_iryo/n/n3cc14f2d559d

2.イベント、講座などのお知らせ
9月には「横浜市放課後児童育成事業人材研修」で、「事

もっとみる

パパ世代の風疹ワクチン接種について

知ろう小児医療 守ろう子ども達の会
メルマガチームリーダー 高橋夏子

風疹の流行が続いています。患者の多くは、30代から50代の男性で、首都圏を中心に、報告されています。

風疹は、発熱と赤い発疹の出る感染症で、1度かかったら多くの場合、一生かかることはないといわれています。ただ「自分は、子どもの頃かかった」と思っていても、実は『りんご病』など、別の病気だったということもあるそうです。

もっとみる

子どものスキンケア

カピバラ赤ちゃんこどもクリニック、アルパカ小児科耳鼻科クリニック 小児科医 藤原 摩耶

【子どもの発疹は早めの治療を】

『発疹』を主訴に受診されたお子さんの親御さんから「乳児湿疹ですか?アトピーですか?」とよく質問されます。そんな時、アトピーであると「一生治らないのでは?」というご家族の不安を肌で感じます。

アトピー性皮膚炎とは『掻痒感(そうようかん)のある発疹がよくなったり悪くなったりする

もっとみる

「子どもの嘔吐」子どもが突然吐いてしまったとき 注意すべきポイントと家庭でのケアについて

国立国際医療研究センター国際医療協力局
「子どもの救急医」井上 信明

子どもが嘔吐してしまったとき、親御さんは心配になることでしょう。
すぐに受診すべきか、家庭で様子をみてよいのか、注意すべきポイントと家庭でのケアについてご紹介します。

子どもが嘔吐する原因は様々であり、年齢によっても考えるべき原因が異なるため、一概に述べることはできませんが、次のような原因が考えられます。

●子

もっとみる

子どもの円形脱毛症について

子ども 心と育ちのクリニック
小児科医 森 享子

■円形脱毛症ってなあに?

「円形脱毛症」は子どもにも時々見られる疾患で、髪の毛に関連した受診では「抜毛症」とともに代表的な疾患の一つです。
名前の通り髪の毛がまるく抜けてしまうのですが、1か所だけだったり、複数だったり、大きさや形により様々な型があります。髪の毛だけではなく、まつげや眉毛、体毛などが抜けてしまう場合もあります。

もっとみる

当会の考える『働き方改革』とは~小児医療を知ることで、働き方改革を~

当会の考える『働き方改革』とは~小児医療を知ることで、働き方改革を~
一般社団法人 知ろう小児医療守ろう子ども達の会
代表 阿真京子

〜13年目に入りました〜

2019年4月2日、当会は12周年を迎えました。
猪突猛進のイノシシ年で始めてから、ちょうど干支が一周したんだなと、長かったような、あっという間なような気がしています。

親御さん向けに150回を超す講座をして、
自治体に母子保健事業で

もっとみる