見出し画像

融合でパフォーマンスを作る

僕が作るパフォーマンス作品は、いずれも既存のモノの組み合わせである。

ほとんどのパフォーマーは、まず技術を身に付ける。次に自分のルックスと技術がマッチしたビジュアルを作り、キャラクターとする。そして過去にあった見世物界のネタを加工し、それを並べて自分のショウを作る。

僕は、見世物からネタを引っ張ってはこない。見世物以外のジャンルから、2つ以上のコンテンツを融合させて「器」を作る、という事をしている。

・白リーマン
(ロービングとスタチュー)
彫刻家ジョージ・シーガルの石膏作品と、パントマイムの融合

・ネンドマン
(お客さんの顔を粘土造形)
江戸時代の僧「円空」や「木喰」の彫刻活動、粘土造形、シャーマンの融合

・DRAWING KNIGHT
(お客さんの顔または全身を水墨描画)
女性に使える西洋のナイト(騎士)と、東洋の水墨画の融合

そのうち、ネンドマンについては狙いが1つの現場だけでは完結しない。これは、アートのコンテクストを意識しているからだ。(次回の投稿で説明します) 。

こうして融合して出来た「器」に、毎回違うお客さんが入る。毎回同じ「ネタ」では、無い。いずれのパフォーマンスも、その中身はパフォーマンス中に生ずるお客さん又はモデルさんと僕、の関係性を他の沢山のお客さんに見せている。

だから、どれだけみんなにとって魅力的な「器」が、融合の結果に出来ているかにかかっている。現場レベルでは無く、コンセプトのレベルで。

なので今の僕には、多くのパフォーマーが四苦八苦している「ネタ作り」の作業は無い。
(でも時代に合わせて、ビジュアルのアップデートは必要になる)

じつは「ネタ」は、苦労して作ってもいつか飽きられる。もちろん10年以上も(あるいは20年近くも!)ひとつの「ネタ」で食べている稀な方もいる。

でも、それはホントに超レアなケースで、僕が知っているなかでも2人しかいない。(青い方と梅干しの方)。なので、それは諦めた。

出来無いことは、しない方がいい。ルックスや技術が平凡なら、アタマを使うのだ、、! それに懸ける。

終わり。

今回も読んで頂き、ありがとうございます。
次回は、ネンドマンのコンセプトについて書きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

SHIVA

パフォーミングアーティスト。人間彫刻「白リーマン」、粘土造形ショウ「NENDO-MAN」水墨肖像画「DRAWING KNIGHT」を展開。アートとエンタメを融合したパフォーマンスを続けています。performershiva.com

パフォーマンスと言葉

パフォーマンス創作の地味な試行錯誤及び現場での自己満な葛藤を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。