酔中介錯人

光っている。
まるで、青魚の鱗のようだな。

と、俺はふと思った。
三宝に置かれたこの刀で、俺は腹を切らねばならない。
いますぐに。

たくさんのギャラリーが俺を見ている。
みんな神妙な顔をしているが、それは好奇心を隠す仮面でしかないことは、俺には分かっている。

残念ながらシーズンは過ぎてしまったが、残り少ない花弁を散らす桜の老木も、青空と共に俺を見守っているような。
そんな、気がする。

さらば。
なにも思い残すことはない。
むんず。
と俺は刀をひっつかみ、晴天のもとに露わにした腹部にずぶりと突き刺した。

おおう、、、、
ううっ
言葉もない。
なんたる激痛。
は、はやく。
はやく介錯を。
介錯をっ!

そう思って介錯人を見上げた俺に、信じられないモノが見えた。

・・・ぐびぐび
残したら失礼だからね。
飲む飲む
ぷはーっ。あー、うまい。
おっ そうだった。
介錯するんだったね。
ちょっと待ってね。

すらっ、と僕は愛刀を抜いた。
ぷーっっ酒しぶき。
いざ、お覚悟っ(笑)。

と、刀を振り上げた僕だったが、バランスを崩して仰け反りかえってしまった。
もう少しで転倒するところだったよ。

あぶないあぶない。
うむ。あれ、
刀はどこだ?

・・・おお、地に突き立っている。
ねえねえ見てよ見てよ、これ。
これこそ茶柱ならぬ刀柱!

と、切腹の彼にウケを求めた僕だったけど、奴は激痛と怒りが混じった血走った目で僕を睨むばかりで。怖いなー。

わかった、わかった。
余裕の無いヤツだな。
では、今度こそ。

ちぇすとーーーーー。

刀を地面から引っこ抜いた僕だったが。
まぁ何せすっかり酔ってしまって。
ぜんぜん刀が首に当たらないんだ。

だから、ヤツの首をハネることは、
ついに最後まで出来なかったんだ。

ほんと、ほんと、
ごめんなさい。

(終)

注: パントマイムによる、1人2役の演技。

#小説 #脚本 #パントマイム





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

SHIVA

小説・マイム脚本篇

舞台パントマイムの、SHIVAオリジナル作品の脚本です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。